☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

インターンで英語のスキルアップをする方法とは

インターンとは、将来就職を控えた学生などが、企業を体験し、また志望する企業に自分をアピールする、とても大切な機会でもあります。

インターンはインターシップとも言われ、1dayインターン・短期インターン・長期インターンなどがあり、特に長期インターンに至っては、ある程度のプロジェクトも任されるケースがありますので、きちんと給料が支払われる場合もあります。

今回はそんな数あるインターンの中でも、「英語力が身に付くインターン」について、いくつかの情報をお届けしたいと思います。

なぜ「今」英語力が必要なのか?

まず、なぜ就職を控えて英語が必要になってくるのか?その点からお伝えしていきたいと思います。

まず、注目すべきなのは、いまや日本の企業がどんどんグローバル化している…という点です。

様々な商品やサービスを海外から取り入れ、また日本の技術やサービスを海外に輸出している昨今、社内や社外を問わず、英語をマスターしておく事は今や常識になっています。

さらに、会社での昇進などの条件として、英語力を挙げる企業は増えています。ある企業の管理職への登用条件はTOEIC600点以上…となっており、もはや会社で行く抜くうえでも、営業は必要不可欠なスキルと言えそうです。

インターンで英語力を身につける事は可能?

では、インターンで英語力を身につける事は可能なのでしょうか?

インターンを募集している企業はたくさんありますが、その中でも注目したいのは、海外企業のインターン募集です。

もちろん、現地の海外企業にインターンとして働く方法もありますが、さすがにハードルが高いのも実状です。そんな時には、是非日系企業の海外法人で、インターン募集がないか?一度サイトをチェックしてみてください。

下記にいくつかの海外インターン募集をしている会社のURLを掲載しておきますので、是非参考になさって下さい。

http://www.intern-style.com/

http://www.intraxjp.com/internship/joblist

そして、気になるインターンとして海外で働く場合の仕事内容ですが、さすがに未経験で海外での仕事となると、それほど重要な仕事は任されないことがほとんどです。実際に海外で働くインターンの仕事例としては、英語で簡単な資料を作成したり、電話でのアポ取りをしたり、メールの送受信やスタッフのサポートをしたりする仕事がメインのようです。しかし、少しでも実務で英語を使えば、どんどん英語のスキルアップが図れる事には違いありません。

英語力が身に付く、おすすめのインターン募集企業

では、そんな英語力が身に付くインターン募集をしている企業の例を、ご紹介したいと思います。

ここでご紹介するのは、あの「社内の公用語が英語」と言われる、「楽天」のインターン募集です。実際の仕事内容としては、楽天ブックスを広める仕事となっていますが、さすがに楽天で仕事をするとなると、英語力も身についてきます。月給ベースでも20万円程度は稼げるようですので、一度チェックしてみてください。

https://www.in-fra.jp/intern-list/6819

英語での応募、面接で注意したい事

では、そんなインターンを募集している企業では、実際の面接も英語で行われるのでしょうか?さすがに海外の企業の面接を受ける場合は、全て英語で面接が行われますが、日本の企業の場合は、全てが英語の受け答えという訳ではありません。

しかし、最低限日常会話が出来るかどうか?というくらいは、面接で聞かれますので、そのあたりは準備しておくようにしましょう。

ここで大事なのは、英語のスキルというよりは、その人の熱意や将来に対するビジョンです。企業もインターンで応募してくる学生に即戦力としてのスキルを求めている訳ではありません。採用担当者も、将来その人が自分の会社でどんな仕事ができるのか?どれほど熱意があるのか?と言う点を主に見ています。したがって、面接を受ける場合には、英語のスキルよりも、自分の熱意をしっかりと伝えることができるようにしておきましょう。

参考までに英語での面接の模範問答集などが記載されているサイトを掲載しておきますので、参考になさって下さい。

https://mysuki.jp/english-interview-4706

せっかくのインターン募集…もし辞退する時は?

では、せっかくのインターン募集企業に採用された場合で、辞退を希望する場合には、どんな対応をすべきなのでしょうか?

海外の企業に応募するケースは少ないと思いますので、あくまで日本の企業への対応方法をご紹介したいと思いますが、そんな時には、是非「正直に事情を話す」という事をおすすめします。

「集中講義が入った」とか「他の企業を経験したい」など、理由は様々だと思いますが、企業の担当者も本採用ではない事はわかっているので、逆に正直に理由を説明してもらったほうが好印象のはずです。また辞退を伝える際も、メールなどではなく、出来るかぎり電話で伝えるようにしましょう。

まとめ

今回はインターンと「英語」という事にスポットを当てて、いくつかの情報をお届けしましたが、参考になったでしょうか?先ほどもお伝えした通り、今や企業では英語力は必須のスキルとなっています。そんな英語力を、給料をもらいながら…さらには自分が志望する企業で働きながらスキルアップができるとしたら、それはまたとないチャンスです。

学生の時しかそのようなチャンスはないと思いますので、是非興味があるなら、チャレンジしてみる事をおすすめします。


●筆者:よっしぃ~

●これまでのバイト経験…コンビニ店員・パチンコ店員・パチンコ台の設置バイト・引越し作業スタッフ・店舗清掃・チラシポスティング・工場勤務・内装屋さんの補助・居酒屋店員などなど。

●キャラ紹介…最近、なんと野菜作りにハマッてますww 近所で貸し農園を借りて、野菜を作ったり…。捥ぎ立てのトマトは最高っすよ!

●「過去のアルバイトの経験で感じたこと、そして今アルバイトを探している人の為に役に立つこと…。この二つを伝えたくてブログにしています。参考になればうれしいです!!」