☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

初めてでも安心!学生に【おすすめのバイト】と失敗しない【面接対策】

初めてのバイトで知っておきたいこと

 

 

これから初めてバイトをしようとしている学生さんは、どんな仕事を選べばいいのか、どうすれば面接や初仕事で失敗しないですむのか、緊張してしまったらどうすればいいかなど、いろいろな悩みや不安があるかもしれません。

「応募したバイト先からの突然の電話で、対応に焦った」「アルバイトの面接で落とされた」「仕事の初日に緊張しすぎて失敗した」といった話は、実際よくあることです。

私も初めてのバイトの面接のときには、かなり緊張しました。そのせいで、「〇曜日と〇曜日と〇曜日は出れる?」と聞かれた際についつい「はい」と言ってしまい、のちのちシフトが入りすぎて困ったことがあります。受かったのは良かったのですが…。

そこでこの記事では、バイト未経験の学生さんにおすすめのバイトや、バイト先からの電話対応の仕方面接でよく聞かれる質問パタン緊張をほぐす方法などについてご紹介していきますね。


初めてのバイトでおすすめは?

 

スマホでバイト求人サイトなどを見てみると、「未経験歓迎」とか「初めてでも安心」と書かれた仕事もたくさん掲載されています。

それでも、いろいろなアルバイトがありすぎてどれがいいのか迷ってしまう人も多いことでしょう。そこでここでは、初めてバイトをする高校生や大学生、専門学生にオススメの仕事をご紹介していきます。

 

バイト探しに大切なこと① 好きなことを見つける

その前に、バイト探しで大切なことは自分の好きなことを見つけることです。

ですから、バイトを選ぶ前に自分が好きなことを思い浮かべて、それに関わる仕事をしている自分の姿をイメージしてみましょう。

バイト初心者に人気があるファミレスでも、人と接することが好きだったらホールスタッフが合っていると思います。けれども、接客が苦手だと思うならキッチンの方が向いています。雑貨を見ることが好きなら、雑貨屋さんや雑貨の梱包などを行う工場が向いているかもしれません。

こんな風に、自分は何が好きで何が苦手なのか、これから始めるバイトではどんな仕事を任されるのか、あれこれイメージしておくと良いでしょう。とはいえ、バイト自体が初めてなら仕事の内容までは想像しずらいですよね。

でも大丈夫。仕事内容紹介やお仕事紹介動画、口コミなどを求人情報と合わせて掲載しているバイト求人サイトが増えています。興味のあるバイトを見つけたら、そこで仕事内容をチェックしたり、似たような職種のほかのページを参考にすることができますよ。

 

バイト探しに大切なこと② 通いやすい場所を選ぶこと

バイト探しでは、通いやすい仕事を選ぶことも大切です。学生さんなら学校や部活、サークル活動などほかにやらなければならないことがたくさんありますよね。いくら大好きな仕事だからといって、自宅からも学校からも遠ければ通勤だけで時間も体力も奪われてしまうので要注意。

特に夜間のバイトの場合には、終電にも気を付けたいとことです。一方、学校の生徒や先生にバイトしているところを見られたくない場合には、学校の近くはもちろん学校沿線の駅も避けた方が無難でしょう。

前置きが長くなってしまいましたが、ここからはバイト未経験の学生さんにおすすめの職種をご紹介しますね。

 

接客を覚えられる!ファミレス

一から接客を覚えることのできるファミレスは、高校生でも気軽に始めることができておすすめです。私も高校生のとき、ファミレスからバイトを始めました。

ファミレスはマニュアルが完備しているので仕事を覚えやすく、また、スタッフの人数も多いので先輩からフォローしてもらいやすいです。

まかないが無料、または低価格で提供してもらえるので、一人暮らしの学生さんにもおすすめ。さらに、ファミレスで覚えた接客の基本は、スーパーやコンビニ、その他多くの販売業でも役立ちます

注意点としては、店舗にもよりますが、ランチや土日祭日のディナータイムが死ぬほど忙しくなることです。ホールではオーダーミスや提供ミスをしないように、また、食器を落とさないように細心の注意を払いながらも、スピーディーに仕事をこなさなければなりません。

キッチンでは、下がってきた食器を急いで食洗器にかけて所定の位置に片づけたり、素早く正確に料理を盛り付けていかなければなりません。ですから、ホールでもキッチンでも仕事を早く覚える努力や、失敗しないよう気を付ける注意力が必要です。

けれども、研修期間中は時給が安い分ピーク時ではない時間帯にシフトを組まれるので、その間に落ち着いて仕事を覚えることができますよ。

 

レジ操作を覚えられる!コンビニ・スーパー

コンビニやスーパーも、初めてでも働きやすい職場です。私は大学生の頃に掛け持ちで、学校に行く前の早朝3時間だけコンビニでバイトをしていました。短時間でも働けるので、時間を有効活用できますよ。

商品を陳列したり、かんたんな調理をしたり、掃除をしたりといろいろな仕事を任されますが、中でもレジ操作を覚えられるのは大きなメリット。レジ操作ができれば、ほかのコンビニやスーパーはもちろん、いろいろな販売業でその経験をアピールすることができます

コンビニやスーパーでも混雑するピーク時は大変ですが、メリハリがある分、仕事をしている時間は早く感じると思いますよ。

 

教える技術が身に着く!塾講師

塾講師は、大学生以上であれば未経験でもすぐに働ける仕事です。私も未経験から始めましたが、覚えることが少ないのでファミレスやコンビニよりもラクなくらいでした。

塾講師の場合、学力よりもむしろコミュニケーション能力が大切です。教え方については研修などで学ぶことができますが、それ以前に、小学生から高校生までの生徒の興味をひく接し方ができるかどうかが重要。

生徒の立場からすれば、好きな先生の授業なら楽しいから成績も上がりますが、嫌いな先生の授業だとやる気すら出ませんよね。

注意点としては、時給はいいのですが授業の前後に時間外労働があることです。授業の前には予習だけでなく、教科書やワーク、小テストを準備したりするので最低でも30分前には塾に着いていなければなりません。

また授業が終わってからは、保護者に対する授業報告書を作成したり、他の講師と生徒の進捗状況を共有するための記録をパソコンに入力したりする作業があり、これも30分程度かかります。

とはいえ、塾講師は成果が目に見えるのでやりがいもあります。子どもが好きで勉強も苦にならなければ、ぜひおすすめですよ。

 

初めてのバイトなら面接対策もしておこう!

私の学生時代には、スマホのバイト求人サイトから応募するという便利な手段がありませんでした。ですから、応募するためにアルバイト先に電話することから面接が始まっていたようなものです。

とはいえ、スマホから応募するにしても、面接日については電話でやりとりをしなければならないことがほとんど。ですから、突然の電話でも慌てないように対応する準備も必要です。

電話ではハキハキと元気よく、テキパキと答えることが大切。聞かれる質問は、指定の日時に面接に来られるかどうかと、希望する職種(飲食店ならホールかキッチンかなど)くらいなので、自分のスケジュールをきちんと把握してスムーズに答えられるにしておきましょう。

一方面接で聞かれる内容は、志望動機や勤務可能日、希望シフトなどです。こちらは履歴書で書く内容とかぶるので、その内容を頭の中で整理しておきましょう。また、明るくテキパキと答えられるように、一度声に出して練習しておくと安心ですよ。

後は、やる気と真面目さをアピールすることが大切です。答える途中でつっかえてしまったり、うまく答えられなかったとしても、ここで働きたいというやる気と一所懸命仕事を覚えるという真面目さを見せてください。
 

緊張を和らげて初めてのバイトにのぞもう!

バイトに採用され、いよいよ初出勤となったら緊張も免れないでしょう。

少しくらいの緊張感は、バイトに慣れてきた頃でも必要ですが、あまり緊張しすぎていてはかえって仕事が覚えられなかったり、失敗してしまうことも。

そこで最後に、緊張を和らげるための対策もかんたんにご紹介しておきましょう。

バイトについてよくわからない状態では、緊張が増します。

ですから、面接時にわからないことは聞くこと、バイト情報サイトなどから仕事の内容を調べて置くことは、緊張を和らげる助けになりますよ。

緊張するとどうしても表情が硬くなりがち。そこであえて笑顔を作り、緊張をほぐすように心がけるのも有効です。特に接客業では笑顔は不可欠

職場に着いた時点で、意識的に笑顔を作りましょう。

万が一初日からミスしてしまっても、それは仕方がないこと。初めのうちは失敗することが当たり前で、失敗から学べばいいと自分に言い聞かせておくことも大切です。

初めてのバイトに緊張はつきもの。出来る限りの対策をして、元気よく初バイトにのぞんでくださいね。