☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

学生が派遣バイトに登録しておくメリット・デメリット

ドラマや漫画など至るところで聞いたであろう、「派遣」という言葉。

実は学生のバイトにも派遣バイトがあるんです。

派遣バイトの魅力は、自分で好きな職種を選んで、自分の好きなタイミングで仕事を入れられられること。

そんな最高に都合の良いバイトが派遣バイトです。

試験で忙しい学部の方や、いろいろ事情があってなかなか稼ぐ時間が確保できない学生には是非ともおすすめしたいです。

実際にいくつもの派遣バイトに登録していた経験をもとにメリット・デメリットをお伝えします。

派遣に登録しようと思っている学生の方は参考にしていただければ幸いです。

派遣バイトの種類はどれくらいあるのか

自分が実際に登録しているものとしては、イベント・軽作業系の派遣、婚礼・宴会の派遣、リゾートバイトの派遣、試験監督の派遣、試食試飲の派遣があります。その他にもさまざまな派遣会社があるようなので、自分に合った業種の派遣会社を見つけて登録してみることをおすすめします。

 

派遣バイトに登録するメリット

派遣バイトに登録するメリットを学生の目線に立ってお伝えしていきます。

◯シフトを自分の都合に合わせて組める

お仕事が決まる基本的な仕組みとしては、①派遣会社から仕事の紹介⇒②都合が合えば承諾⇒③紹介された会社に実際に勤務、といった形式であるため、比較的自分の都合に合わせやすいというメリットがあります。遊びたい時に遊び、金が足りなくなったらがっつり稼ぐ期間をつくるという働き方も可能なわけです。長期バイトにはない派遣の強みだと思っています。

 

◯時給でなく日給である場合が多い

基本的にアルバイトは時給で働くことが多いですが、イベントや作業系、試験監督といったお仕事は日給で提示されることが多いです。時給換算すると通常のバイトよりも高いことが多く、日給で提示されるバイトは手渡しで即金で給料が出ることが多いので急にお金を用意しなくてはならなくなった時におすすめです。

 

◯1件あたりの単価が高い案件が多い

1件あたり1万円といった案件がけっこうあります。労働時間も長いため、1日持って行かれることもありますが、特に予定もなく暇している時には稼いだほうが有意義なので非常にありがたいです。提示された時間よりも早く終わった場合でも、最低保証額が提示されている案件が多いため、稼ぎが予想より少なくなるということは少ないのもメリットの1つです。

 

◯面倒な人間関係で悩むことが少なくなる

基本的に1回限りの職場になることが多く、そんなに長く滞在しないので長期バイト特有のめんどくさい人間関係に悩むリスクがかなり減ります。人間関係に消耗してしまう人にはかなり良いかもしれません。従業員の方との人間関係は気にしなくても大丈夫ですが、派遣バイトを続けていると顔見知りがちらほらいたりするので、その人たちとは仲良くしたほうが良いかもしれません。

 

派遣バイトに登録するデメリット

いくつかメリットを挙げました。

メリットがあればデメリットはつきものです。

人見知りかつ自由人を自称している自分の目線からの意見をお伝えします。

 

◯仕事が不定期になる

基本的に仕事が不定期にになることが多く、田舎の学生がイベントスタッフに専念してしまうと、田舎自体がイベントを開催することが少ないため、稼ぐ機会が極端に減ります。本業の長期バイトに加えて、暇な時間に派遣のバイトをこなす学生がかなり多い印象です。都市部の学生の場合は派遣に専念しても通常のバイト代程度は稼げるかもしれません。

 

◯遊びまくっていると全く稼げなくなる

これはわりと当たり前なのですが、バイトしたくなさすぎて遊びに専念しまうと全く稼げていない事実を突きつけられ、後で口座を見た時に全力で後悔します。長期バイトであれば、シフトを組まれる関係で、嫌でも働きに行く時間が少なからずあります。派遣の場合は自分で好き勝手に組めることに乗じて遊び呆けてしまうというデメリットがあるので要注意です。リゾートバイトのように、長期でがっつり稼いでから遊ぶことを繰り返すのがベストかもしれません。

 

◯初めての職場が続くため人見知りにはつらい

職場を転々とすることが多いため、人間関係がいちいちリセットされます。ちょっと仲良くなりかけてもすぐに次の職場に行くという転勤族の父を持った子どものような境遇になってしまうため、初めての人と話すのが苦手なタイプの人見知りの方には少々つらいかもしれません。

 

◯急にキャンセルになる場合もあり得る

これが1番困るんですが、先方の事情によりイベントがキャンセルになったりして仕事が急に無くなることがあります。自分も家庭教師の派遣をやっていた頃は、生徒さんの都合と自分の都合が合わない途端に指導がキャンセルになるため、給料が発生しないという事態が多々ありました。そのため、収入が不安定になることが多く、収支の見積もりを誤ると一発で金銭的に詰みます。気をつけてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

自分のライフスタイルに合わせて上手いこと使って組み込めれば、派遣バイトは最強の収入源に早変わりします。

暇な時間にちょこちょこと稼いで本業のバイトと合わせてがっつり稼ぐも良し、がっつり稼いでからしこたま遊ぶのも良し、働き方にはかなり自由が効きます。

 

みなさんの充実した大学生活を送る手助けになれれば幸いです。