☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

短期高収入バイト、疑問は経験者に直接聞けばいいんじゃない?!

すぐにお金が必要!

遊びに行くお金が欲しい!

留学費用を稼ぎたい!

などなど、短い期間で高収入を得ることができるバイトをお探しの方は多いんじゃないでしょうか?

それにしても、「短期で高収入だと、きつい仕事しかないんじゃない?」とか、「水商売はちょっと……」とか、いろいろな不安がつきまといますよね。

履歴書はどう書けばいいのかとか、面接ではどう対応すればいいのか。

その日だけのバイトでも履歴書はいるのか?

日払いできるバイトはどんなものがあるのか?

そんな疑問もありますよね。

ほかにも、短期っていってもどれくらいが短期なのか、高収入てどれくらいもらえるものなのか。

その間休みはあるのか。

人間関係はどうなのか。

こうした、ごく素朴な疑問に、バイト経験30件以上の実績を持つ筆者が、質問形式でこたえたいと思います!

短期バイト希望者必見です!
 

短期バイトっていうけど、どれくらいが短期なの?

ここでは、世間で言われている内容もそうですが、筆者の経験に基づいて、できるだけ実際の内容をお話ししたいと思います。

「短期バイト」といっても、求人によって期間はさまざま。

とくに何日から何日を「短期」とるするという決まりはないようです。

短期バイトの中でも、「今日だけ」「明日だけ」といった「一日だけ」のバイトを、「単発バイト」ということがあります。

単発のバイトといえば「一日だけ」と思って間違いないです。

これと違って「即日バイト」と言うのがあります。

こちらは、一日だけという意味ではなく、「すぐにできるバイト」ということ。

「今日申し込んで今日からでも大丈夫」とか「今日申し込んで明日からでも大丈夫」というものです。

ただ、こうしたものには単発や短期が多いのも事実です。

では、実際に「短期バイト」の期間はどれくらいが多いのでしょうか。

筆者の経験では、1日~3ヶ月くらいが一般に「短期バイト」と呼ばれる期間かと思います。

それでも、求人の中には「1年」くらいまでを短期に入れるものも極たまにあります。

また、「週1日からOK」といった求人も「短期」の求人に入っていることがあります。

基本的なことですが、求人情報をよく読むことは大切なことです。

さらに、求人情報に書いてあることがすべてではないことも事実です。

経験では、たいていの場合、働いている内に「短期だったけどもうちょっとやってみないか?」とか、「バイトで入ったけど社員になってみないか?」など、職場職場で状況は変わっていくもの。

なので、「長期不可」とか「バイトのみ」とかでも、結果的に長期で働けたり、社員になれたりすることはあるといえます。

そのためには、どんなバイトでも手を抜かずにしっかりと働くことが大切ですね。

なので、「3日だけ働きたい」とか「10日だけ働ける」とかでも、応募時や面接時に一応聞いてみるのがいいですね。

たとえば、求人情報に「1ヶ月から」と書かれていても、実際は1週間でも雇ってくれるところはあります。

こうした場合、電話で問い合わせ「1週間だけならできるんですが」と聞いてみることです。

 

高収入って、どれくらいもらえるの?

これも求人によってさまざま。

ひと昔前では、時給1000円以上は高収入といわれていましたが、現在は東京、大阪などの最低賃金は900円以上ですから、1000円では高収入とは言えなくなってきました。

筆者の経験では、短期で募集している高収入バイトには、意外と様々な業種があるのですが、高収入と呼べるものは1200円以上あるものだと思います。

注意しないといけないことは、業種によって賃金が違うのではなく、求人によって違うことがあるということ。

たとえば、イベントスタッフAで時給1200円だったから、イベントスタッフはだいたいそんなものかと思っていると、イベントスタッフBは日給2万5千円なんていう求人もあり、よく探さないと損をすることになります。

仕事の内容は、イベントスタッフの場合はどれもきついので体力に自信のない方はおすすめできませんが、同じ仕事なら収入が多い方がいいのも事実です。

ただ、「イベントスタッフ」という業種で、どうして収入に差が出てくるかは、やはり仕事内容に違いがあるからです。

時給1200円程度のイベントスタッフの場合、イベントの規模も小さく、きついとはいえ比較的楽。

かたや日給2万を超えるイベントスタッフの場合、イベントの規模が大きく、仕事も非常にきついといえます。

これも考え方次第なんですが、「大きなイベントの方が有名な芸能人を見ることができるかもしれない」などのチャンスはあります。

(筆者は見たことがないので期待はできないと思います)

収入においても、筆者の経験では月給25万の求人でも、面接時に30万円に上がったことがあります。

また、25万と書いていても試用期間18万からスタートということもあります。

こうしたことも、自分の頑張り次第で変わっていくことがあるということですね。

 

短期で高収入なバイトはきついんじゃないの?

これについても、ひと昔前は本当にきついものが多くありました。

建築系、土木系、引越し系、イベント系、運送系など、今もありますが、かなり体力的にきつい仕事です。

ところが、座ってできる仕事も今はたくさんあります。

とくに「通販」などが盛んにおこなわれるようになっており、運送系の仕事とともに需要が高まっているのが「コールセンター」のお仕事です。

これは通販の注文を電話で受ける仕事です。

「テレオペ」ともいいます。

クレームや問い合わせなどの電話が比較的少なく、注文を受けるだけなのでストレスなく仕事ができます。

時給も高収入といえる1400円程度が多く、筆者が今最もおすすめするバイトです!

これに対し、同じ電話系でも「テレアポ」と「テレマ」があります。

「テレアポ」は、こちらから業者や家庭に電話をかけ、営業を行うもので、契約をとれると収入は上がりますが、断られることが圧倒的に多くストレスのきつい仕事です。

「テレマ」もこちらから電話をかけてアンケート調査をする仕事です。

「テレアポ」よりは断られることは少なくなりますが、やはりストレスのある仕事といえます。

なかには、クレームを処理する部門もあり、そちらになると専門的ない知識も必要ですし、ストレスはかなりのものになります。

これらはすべて高収入ですが、知識の必要なものもあり、ストレスもきつく、おすすめはできません。

単発で注目を集めているのが「試験監督」です。

こちらも現在では求人を見つけやすくなりました。

試験監督は仕事も楽で高収入。

即日単発でできる仕事でもあり、登録して定期的にできる仕事でもあります。

ようするに、今日申し込んで次の日に試験があれば、すぐ次の日に働ける仕事でもあり、登録しておいて、試験のある日だけ続けることができるバイト。

 

このように、短期で高収入だからきついバイトしかないかといえば、現在はそうでもないというのが事実です。

パチンコスタッフ、GSスタッフなど、定番の楽な短期高収入バイトもあれば、今ではコインパーキング巡回スタッフとか、カメラマンアシスタントなど、珍しいものもあります。

よく探せば「楽して稼げるバイト」がたくさんありますので、じっくりと探してみてください。
 

日払いはできる? 掛け持ちは?

日払いできるかどうかは、応募時や面接時にしっかりと確認しておきましょう。

求人情報では、「週払いOK」でも日払いはできないものも「日払い」の検索で引っかかってくることがあります。

きちんと確認しておかないとトラブルのもとになります。

また、単発のその日だけの仕事でも日払いではないことがよくあります。

こうしたことも、応募時に確認しておいてください。

掛け持ちについては、ほとんどの場合自由にできると思います。

筆者も、たくさんのバイトが経験できたのは「掛け持ち」のおかげ。

多い時は一日に4つくらいのバイトを掛け持ちしていたことがあります。

バイトできる時間がまとまって取れないために、空いている時間に違うバイトを入れた結果そうなりました。

掛け持ちバイトのコツは、バイト先からバイト先の距離を考えて選ぶことです。

次のバイト先が遠いと時間のロス。

筆者の場合、整骨院助手をしながら近くのスーパー銭湯の受付、近くの工場で携帯基板の検査、近くのコンビニで店員などをしていて、同じお客様に会うことも多く「いろんなとこで会うね」とからかわれたものです。
 

短期バイトの人間関係は?休みはどうなるの?

これも、筆者の経験による実際の話をもとに見ていきます。

人間関係については、単発、一日だけのバイトでは、ほとんど会話することがありません。

イベントスタッフや運送系、引越し系などでは「指示」がくるだけで、あとはもくもくと仕事をこなす感じですから、無口で体力的に自信がある人にはおすすめ。

休憩中や移動の車中などで、「どこからきた?」「何回目?」などのたわいもない会話はありますが、それほど苦痛ではありません。

逆に、仕事がものすごくきつかったり、ものすごく忙しかったりすると、会話がなくても団結力がわいて一日だけなのに妙に仲良くなったりします。

まさに「戦友」といった感じ。

単発バイトには、ほかのバイトにはない人間関係があります。

短期でも、3ヶ月などでは長期となにもかわることはありません。

人間関係を乗り越えるポイントとしては

  1. 誠実に付き合う
  2. 挨拶は欠かさない
  3. なるべく迷惑をかけない

の3つです。

 

①誠実に付き合う

人間は、人間扱いされているかどうかということを潜在意識でものすごく敏感に察知しています。

そして、自分を人間扱いしない連中に対しては、やはり人間扱いしてくれません。

人間扱いとはどういうことでしょうか。

これは最近では認知症治療などでも言われるようになりました。

まずは「相手の目を見て話す」ということ。

「目」といっても、本当に目を見て話されると嫌な人もいます。

なので「相手の顔を見て話す」といいかえてもいいかもしれません。

とにかく、「私は今、あなたに話しています」という意思表示が大切です。

次は、きちんと答えるということ。

「はいはい」と返事をされるといい気持ちはしませんね。

ましてや無視されると腹が立ちますね。

こうして文章にすると「あたりまえ」のように見えますが、人間関係を悪くしている原因のほとんどはこうしたことなのです。

誠実に付き合うとは、「相手の顔を見て、きちんと返事する」といいかえてもいいかも知れません。

さらに付け加えるなら、もちろん「嘘をつかない」「相手のものを黙って使わない」「相手の悪口をいわない」のは当然ですね。

とくに悪口は、本人のいないところでは絶対しないこと。

いうなら直接言った方が、人間関係がこじれることはありません。

逆に、ほめるなら本人のいないところで。

人伝いに「○○さんがあなたのことほめてたよ」といわれるとものすごくうれしいものですが、「○○さんがあなたの悪口言ってたよ」といわれるととても気分が悪くなりますね。

 

②挨拶は欠かさない

これは人間関係を良好に保つ上でとても重要。

とくに人間関係を深くしたくなくて、どちらかというと一人でやっていきたいという人にもオススメ。

逆に言うと、「挨拶だけでいい」です。

人間関係を良好に保つには「挨拶だけでいい」んです。

なので、相手の顔を見て、はっきりとあかるく挨拶する。

これだけはやるようにしましょう。

あとの会話は「ごめん。仕事あるから」と切り上げてもいいのです。

 

③なるべく迷惑をかけない

仕事で人に迷惑をかけることといえば、遅刻、欠勤がはじめに挙げられます。

こうしたことはなるべくしないようにし、どうしても仕方がない時は「わかった時点ですぐ連絡」してください。

ほかにも、「仕事ができなくて迷惑をかける」ことがあります。

わからないことは恥ずかしくても聞くこと。

聞いたことは忘れないようにしっかりと覚えること。

人に迷惑をかけない程度には仕事ができるように頑張りましょう。

どうしてもダメなら仕事を変えるべきです。

報連相もここに入ります。

仕事上、普段と違うことはどんな些細なことでも上司に報告すること。

取りあえず上司に報告しておけば、なにかあっても自分の責任を問われることはありません。

上司に報告していなかったら、自分が責任を問われることがあるのです。

なので、異変に気づいたり、トラブルの予感を感じたらすぐに上司に言っておくことです。

 

これだけやっとけば、人間関係は大丈夫。

少なくとも自分に非はありません。

 

休みについては、法律的には何日勤務につき何日の休みが必要といった決まりはあると思います。

ただ、経験では1週間くらいの短期バイトでは休みはありません。

休んだらその分収入が減りますから、休みたくもないですしね。

1ヶ月ともなると週休二日で他と変わりはありません。

2週間などでは、間に一日くらいの休みが入ります。

どちらにせよ、自分の希望で休みは取れると思います。

職場が休みであれば、嫌でも休みですしね。

 

短期バイトは履歴書や面接はどうなってるの?

即日で、「今日すぐ」とか「明日すぐ」のバイトであれば、ネットでの応募情報が履歴書代わりになることが増えてきました。

応募の入力フォームに入力することで、その内容を検討するわけです。

そのため、入力フォームでも細かな情報を入力することもあり、面倒ではあります。

即日単発のバイトの場合、面接はなく、メールや電話で集合場所と時間を伝えられるようなこともあります。

 

履歴書の書き方のポイント

筆者は介護業界で人事の採用をしていたこともあります。

その目線から履歴書の書き方で大切な部分を簡単に説明しておきます。

 

①手書きならいいってもんじゃない

履歴書というと手書きにこだわる人がいますが、これはおすすめできません。

汚い字で力なく書かれていると、それだけで不採用となることがあります。

手書きで書くなら、心を込めて楷書でしっかりと。

訂正はせず書き直すこと。

現在はネットでも打ち出せますので、入力でいいと思います。

採用担当も読みやす方がいいですから。

 

②隙間だらけの履歴書はダメ。

履歴書のフォーマットには、特技や趣味、志望動機など、さまざまな項目があります。

こうした項目にあてはまることがないからといって、何も書かないで出すのはダメ。

「住所や経歴が分かればいいだろう」という履歴書は、採用の見込みはありません。

実際に仕事場でこうしたことが起こったときに、工夫できる人材がほしいわけです。

なので、あてはまらなくても工夫して書けることが大事。

 

③志望動機は正直が一番だが、自分のことだけ考えているようではダメ。

社会というのは、会社が儲けてその利益の一部を社員やバイトに給料として支払うことで成り立っています。

会社が儲からないとバイトの給料はでないばかりか、求人もなくなります。

なので会社は、「会社の利益」を考えられる人材が欲しいのです。

志望動機に「貯金が趣味で500万円貯めたいから」と書かれていても、本当ならいいんです。

ただし、「貯金が趣味で500万円の貯金を目標にしています。御社の利益を第一に考え、精一杯頑張りたいと思います」となると、グッと引き付けるものが出てくるということです。

 

これは面接でも同じです。

会社の利益を考えられるということは、非常に大切。

例えば、給料が少ないとか、休みが少ないとか、残業が多いとか、セクハラ、パワハラがあるとか、従業員やバイトの立場であれば、「この会社最悪!」といった「文句」にしかなりません。

これが経営者側の目線であれば、「早急に給料を増やさなければいけない。そのためには売上を○○%伸ばさなければいけない。そのためには……」とか「休みを増やすためにはシステムを改善しないと」「残業が多い原因はなんだろう?」「セクハラパワハラをなくすために研修をして意識改革しないと」といった具合に、いろいろなアイデアや工夫につながる発想をするようになります。

こうした人材であれば、採用間違いなしです。

面接においても、「この会社をもっと大きくするためにはどうしたらいいだろう?」といった発想をもって、すでに採用どころか幹部になったつもりで真剣に考えてみることです。

 

もう一つの注意点は、バイトの場合はそこまで求められていないこともあるということ。

バイトの面接で最も大切なのは、「言われたことはきちんとやります!」という姿勢です。

まず、言われたことはきちんとすること。

次は、言われなくてもきちんとすること。

さらに、自分でやるべきことをみつけられること。

こうした段階があるので、まずは言われたことはきちんとできるようになってください。


 

まとめ

短期高収入バイトについて、素朴な疑問点を筆者の経験から解説してきました。

バイトをはじめるのはエネルギーのいることです。

緊張もするし、ドキドキしますよね。

「嫌な人ばっかりだったらどうしよう?」とか、「自分にできるだろうか?」とか、不安なことだらけです。

「お休みは希望通りに取れるかな?」とか「収入は足りるかな?」とか、考えだしたらキリがありませんね。

でも、大丈夫です。

嫌な人ばっかりでも、「自分に優しくしてくれる人に意地悪する人はいない」ので、きちんと顔を見て挨拶していれば、人間関係は乗り切れます。

短期バイトは、簡単な内容がほとんどで未経験でも大丈夫な仕事ばかりですから、よほどのことがなければできます。

お休みや収入は、応募前に電話できちんと確認しておくこと。

確認しておけば、不安は減ります。

 

みなさんがいい短期バイトを見つけて、たくさん稼げますように陰ながらお祈りしています。