☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

主婦におすすめ!スーパーのバイトで得がいっぱい?

スーパーのアルバイトって主婦の人が多いですよね。

それってなぜだと思いますか?

 

スーパーのアルバイトは主婦に嬉しい魅力がいっぱい!

 

どこがいいのかって?

仕事が大変じゃないかって?

人間関係は大丈夫かって?

 

今回は、筆者のスーパーでのアルバイト経験を踏まえて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

その前に・・・

 

筆者は学生時代に近所のスーパーでアルバイトをしていました。

担当したのはお菓子コーナーです。

お菓子コーナーと言っても、駄菓子やスナック菓子が並んでいる棚ということではなく、

スーパーの一角に設けられたケーキや焼き菓子がショーケースに入って売っているところ。

スーパーの中のケーキ屋さんといったところです。

 

主婦でもないのに、なぜスーパーでバイトしたかって?

 

それは筆者が学生だったこともあり、

・近くて自転車で通える場所にあること

 

せっかく働くなら、

・新しくてきれいなお店がいい

 

学校の都合もあるので、

・学校から帰ってきてからの時間で働けること

 

この3つの条件をクリアしていたからです。

 

スーパーでアルバイトしたい!と言う意気込みはありませんでした。

 

スーパーで働く人達

バイト始めてわかったのことは、働いている人の多くが主婦だということ。

お店にもよるかもしれませんが、筆者がバイトしていたのは田舎の小さなスーパーでした。

 

店員の1割が社員の男の人。

店員の1割が社員の女の人。

店員の8割がバイトのおばちゃん。

 

この割合をみてもらうとわかるように、

右を見てもおばちゃん、左を見てもおばちゃん、前を向いても、後ろを振り返ってもおばちゃん、

という環境でのアルバイトでした。

おばちゃん達はスーパーで働いて得をすることを色々教えてくれました。

学生だった当時は理解できませんでしたが、あれから何年も月日が経ち、

「あの時教えてくれたのはこのことか」と納得する事ばかり。

 

ちなみにこの時の学生バイトは筆者のみ。。。

一番年が近くても、10才年上の店長でした。。。

 

女の園は案外心地よい

スーパーでアルバイトしているって言うと、

「女の人ばっかりだから人間関係大変でしょ?」と言われます。

それがそうでもない。

筆者はおばちゃんたちの子供くらいの年齢らしく、なにかと可愛がってもらいました。

 

お昼休憩には多めに作ったという唐揚げをもらい、お茶の休憩には自家製のお漬物をもらい、

親戚のおばさんのような関係です。

 

筆者とおばちゃんたちの関係も良好でしたが、おばちゃん同士の仲も良かったです。

お店の近くに住んでいる人が多かったせいか、ご近所づきあいしている人もいて、共通の話題が多い。

家族関係なんかもよく知っているし、さばさばした関係です。

よく聞くおばちゃん同士の派閥もなく、みんな和気あいあいでした。

 

バイトが仲良しの意外な理由

仲良のいいバイトのおばちゃん達。

何でこんなにも関係が良好なのかと思ったら、意外なところで不満を抱えていました。

 

「店長がねぇ~。」

 

休憩時間になると、おばちゃん達が口々に言います。

 

「私は唐揚げを今のうちに作っておいた方がいいって言ったのに、店長がまだいいって言ったのよぉ。

そしたらほら、売り切れちゃって今、慌てて揚げなきゃいけなくなっちゃって。」

 

「私もかまぼこはこっちに置いた方がいいって言ったのに、店長が違うところに移したら今日は1つも売れてないの」

 

「店長、なんだか今日は機嫌が悪いみたい」

 

「店長、先週田舎に帰ってたらしいわよ」

 

「店長、髪切ったね」

 

・・・店長のオンパレードです。

バイトの不満はすべて店長をディスることで解消しているようなのです。

 

もちろん店長はそんな事しりません。

私が店長だったら、きっとこんな話聞いたら泣いちゃいます。

 

小さなスーパーだと、男の社員は店長くらいしかいません。

しかも、おばちゃんたちの息子ほど離れた年齢。

きっと頼りなく感じるんでしょうね。

放っておけないんでしょうね。

 

私から見れば店長も頑張ってるんですけどね。

 

でも、店長への不満でおばちゃんたちが仲良くしていられるのなら、ここは店長に頑張ってもらうしかありません。

主婦に便利なスーパーのバイト

私がなぜ主婦の人にスーパーのアルバイトを勧めるかを説明します。

 

【ホームグラウンドだから】

主婦にとってスーパーはホームグラウンド。

特に勉強しなくても何がどこにあるかなんて大体わかります。

この売り場をいちいち覚えなくていいだけでも相当のメリット。

私は売り場を覚えるのに半月くらいかかりました。

 

【バイト帰りに買い物に行く手間が省ける】

主婦の人は多忙です。

家事や育児に加え、アルバイトをすると夕方は分刻みの忙しさ。

バイト終わりにスーパーに寄って買い物して・・・

よくある風景ですが、スーパーでアルバイトをすればこの手間が省けます。

バイト帰りにそのまま買い物してしまうのも楽だけど、休憩時間に買い物を済ませてしまえば、バイトが終わって速攻で帰宅することが出来ます。

 

これはとても助かる!

おばちゃん達は口をそろえて言っていました。

よっぽどバイト帰りに買い物していくのって手間がかかるんでしょうね。

 

【新商品の情報をゲット!】

スーパーの売り場には毎日新商品が並びます。

いちいち新聞やネットニュースなどを見ている時間はないけれど、友達とお茶するときなんかには

新商品の情報を持っている方が通な感じしますよね。

スーパーで働いていると自分で調べなくても新商品の情報が入ってきます。

 

【旬の食材がわかる】

スーパーの食材を見ていると季節を感じます。

春はお花見。

夏はバーベキュー。

秋はさんまにマツタケ。

冬はお鍋。

今は便利なもので夏の野菜でも冬に売っているし、夏の果物でも冬に買えます。

でも、旬のものを食べるのは一番体にいいそうです。

その「旬」をいち早く感じられるのもスーパーでバイトしているからこそ。

 

派手な化粧の必要はないが、清潔感は大事

スーパーのバイトに派手な化粧は必要ありません。

若い男のお客さんは少ないし、担当する売り場によってはマスク着用なのですっぴんでもOKです。

でも、とても必要なことがあります。

それは清潔感。

食品を扱うお店なので、身だしなみを整えることはとても大切です。

 

【爪は短めに切る】

商品を渡したりするときに目につくのは指先です。

食品を扱う人が派手なネイルで長い爪だったらいい気持ちはしません。

短めにして派手なネイルは避けましょう!

 

【髪はきちんとまとめる】

以前、筆者が買ったケーキに髪の毛が付いていたことがあります。

もちろん、お店に電話しちゃいました。

だって、商品に知らない人の髪の毛がついているなんて気持ち悪いですよね。

そのくらい髪の毛には注意をしなければなりません。

しっかり束ねるか、帽子の中にきちんと入れましょう!

 

【制服はきちんと着る】

スーパーには売り場によって制服や作業着があります。

せっかくきれいに洗濯をしてきても、着崩してしまうと台無しですよね。

ボタンはきちんと全部かける。

エプロンの紐はきちんと結ぶ。

毎日のことで面倒な時もありますが、身だしなみには注意しましょう!

 

スーパーのバイトで学べたこと

筆者がスーパーでアルバイトをして学べたことがあります。

それは接客スキルと観察力。

スーパーはお客様との距離が近いです。

一日誰とも話さずに仕事をするなんてできません。

売り場を聞かれることもあるし、注文をとることもあるし、在庫を聞かれることもある。

どこの売り場にいても、色々なことで接客の機会があります。

毎日、何人もの接客をしていくうちに、接客のスキルが付いたと我ながら思いました。

 

あとは観察力。

このお客さんは急いでいるようだから、早めに対応しよう。

このお客さんは何か探しているみたい。

毎日、何人も来店するお客さんを見ていると、不思議とその人がどんな状況か、何をしたいのかが分かってきます。

そんな観察力がつくのもスーパーのバイトならではです。

 

まとめ

筆者は学生の時にスーパーでアルバイトをしました。

これはこれでいい経験だったと思います。

でもやっぱり主婦の人におススメしたい!

だって、スーパーのアルバイトは主婦にとっても魅力的だから。

 

立ちっぱなしで大変な時もあるけれど、運動だと思えばちょうどいいですよね。

面倒なおきゃくさんが来て大変な時もあるけれど、自分の接客スキルアップのチャンスだと思えばいい。

 

いつも新商品を知っている情報豊富な人に思われるチャンス!

商品を選ぶ目も養えます。

物価の相場だっていち早く感じられるお仕事です。

 

主婦の普段の生活を活かせるのってやっぱりスーパーのアルバイト。

スーパーのアルバイトをして、輝いてみませんか?

きっともっと早く始めたらよかった、なんて思うかもしれません。

筆者

専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。

動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。