☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

バイトといえば飲食店? 飲食店はキツイ? 飲食店バイトをした動機!

『アルバイト』と聞いて真っ先に皆さんが想像するものは何でしょうか。

 

この世の中には数え切れないほどのアルバイトがありますが、やはり代表的なアルバイトといえば「コンビニエンスストア」・「ファストフード店」・「飲食店」のアルバイトではないでしょうか。

 

なぜ皆さんが「アルバイト」と聞いてまずこれらの仕事を想像するかというと、これらのアルバイトをしている人、した事がある人が他のアルバイトに比べて圧倒的に多いからです。

 

今回は、その中でも私が経験した「飲食店」のアルバイトについての内容や、バイトをするに至ったきっかけについてのお話をさせて頂きたいと思います。

 

飲食店アルバイトはなぜ人気なの?

さて、飲食店アルバイトは経験したことがある人が多いと言いましたが、なぜそうなのでしょうか。

理由は簡単で単純です。

 

飲食店バイトに必要なスキルは何でしょうか。

学力?体力?

 

体力は必要かもしれません。でも、別に10キロを35分で走ったり、シャトルラン150回が必要なわけではないですよね。

また、学力はほとんど必要ないでしょう。指示されたことを出来ればそれで十分です。

ということはつまり、飲食店のバイトをする為のハードルが低いのです。

 

また、能力的な問題だけでなく、年齢的な問題でみても飲食店バイトはハードルが低いのです。

現在の日本の法律だと、アルバイトをする事は高校生以上で可能になります。

 

ですが、だからといって全てのアルバイトが高校生で出来るかというとそうではありません。

募集要項に「高校生不可」と書いてあるアルバイトは多くあります。

「『高校生』不可」と、一括りに締め出されてしまえば、いくら才能を持っている高校生でも当然ながらその仕事に就くことはできません。

 

しかし、多くの飲食店は『高校生OK』なのです。

これが、私が飲食店バイトをしようと思った動機の一つでした。

 

飲食店アルバイトはブラック…?

最初の飲食店は最悪だった…

アルバイトをする上で重要な事は色々ありますが、その中でも重要なのが「労働環境」です。

飲食店バイトは店長からガミガミ言われて怒られて…という印象を持っている方も少なくはないと思います。

実際私もそのような印象を持っていました。

 

結論から言ってしまえば、「厳しいところもあれば緩いところもある」としか言いようがありません。

飲食店バイトは本当に数えきれないほどの形態がある為、一概に説明するのは非常に難しいです。

私は飲食店バイトを2店経験しましたが、最初の店はいわゆる「ブラック」に近いようなものでした。

 

その店は、大型ショッピングモールのレストラン街の一角にある食べ放題の店だったのですが、まだアルバイトというものを経験したことがなかった私は、ただお金が欲しいという理由だけでバイトをしようと思い、「高校生OK」と書いてある店を探してその店で働くことになりました。

が、その店長がかなりヒステリックな感じで、私自身はあまり怒られたことはありませんでしたが、私よりも後に入ってきた新人さんは怒られて泣きそうになっていました…。

 

私自身、理屈が通っていない、つまり理不尽な事で怒られることが大嫌いな理系人間ですので、その店は私には向いていないと判断し、数か月で辞めました。

 

これはどのアルバイトにも言えることだと思いますが、自分に合わないと思ったらすぐに辞めたほうがいいです。

別に数十年勤務してきた大手企業に勤めている訳じゃないんですから、アルバイトなんていつ始めていつ辞めたって良いのです。

無責任って言われるかもしれませんが、やる気を損なった仕事を責任感もって出来ますか?

思いつめたときには一旦辞めて、ゆっくりと自分の仕事を探してみると良い事があるかもしれませんよ!

 

2店目は最高!どういう店が良いの?

という訳で、最初の飲食店には早々に見切りをつけた私ですが、その後にもう1店、飲食店のアルバイトを経験しています。

実は、この店が本当にいい店で、自分の中では最高のバイトでした。

 

「こんな仕事がしたかったわけじゃない」と思った私は、もっと楽しく出来るバイトはないものかと探しました。そして、とある小規模な飲食店に出会いました。

 

そこの店長は超優しくて、学校で忙しい私の予定にも親身に対応して下さいましたし、バイトを始めてすぐの頃は先輩・店長が本当に優しく丁寧に仕事を教えて下さいました。

 

最初の飲食店で働いていた自分が馬鹿らしくなるほどの好環境で仕事をさせて頂くことが出来て、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました!

 

自分の印象としては、最初の飲食店のような大手チェーン店・大型店は新人への対応はもちろん、従業員一人一人への対応が雑になりがちで、大衆化されてしまうような気がします。

多くの従業員が居るので仕方ない事ですが、自分をただの使用人としてしか見ていないような感じがするので、私はあまり好きではありませんでした。

 

逆に、私の2店目の飲食店のような小さな店だと、従業員も少なく、一人一人に対して手厚く対応してくださるので(それが良い結果を招くか悪い結果を招くかは知りませんが)『私の場合』は非常に楽しいバイトをさせて頂くことが出来ました。

という訳で、あくまでも私個人の意見ですが、楽しくバイトをするなら小規模な店でバイトするほうが良いのではないかなぁと思います。

 

飲食店バイトの時給

さて、労働環境も大事ですが、もう一つ気になるのは『時給』ですよね。

飲食店バイトの時給は大体900円~1000円前後という所ではないでしょうか。

 

また、高校生の場合時給が一般の方よりも下がる店もあります。

ですが、私は高校生でも時給が下がらない店を探し、なるべく時給が高い店で働こうと思いました。

飲食店のバイトなので時給はそこまで高くはありませんが、なんとか時給950円の所を見つけました。高校生にしては高めだったと思います。

 

バイトをする上で、給料は自分のモチベーションになります。

私がアルバイトをしようと思った動機にはその時給の良さも関係していました。

皆さんも、せっかく働くなら『時給』にはこだわった方が良いと思いますよ!

 

志望動機は自分の経験を通じて書こう!

「アルバイトの志望動機が書けない!」という悩みは友達からもインターネット上でも飽きるほど聞きましたが、これまで私が皆様にお話ししたこのような経験は、全て志望動機となりうるものです。

例えば私の場合、「以前にも飲食店でアルバイトをしていたことがあるが、環境が粗悪だった為、ここではもっと楽しく、モチベーションを保ったまま仕事がしたい」旨を書けば、良いイメージを持ってもらえることは間違いないでしょう!

 

「お金が稼ぎたい」「家から近い」「やってみたいと思った」なんていう志望動機はみんな書くのです。それでは他の志願者との差別化は図れません。

これは自分にしかない志望動機だ!というものを書いて、自分のやる気を盛大にアピールしましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私の体験談を語らせていただきましたが、皆様のイメージとどれほどかけ離れていたでしょうか。

『飲食店バイト=キツイ』

というイメージを持っておられた方にとっては、「意外と飲食店バイトも良いな(^^♪」と思って頂けたのではないかと思います。

 

どの業種にもいわゆる「ブラック」と呼ばれる店はあると思います。

その「ブラック」を働く前から見極めることは非常に困難です。

ですので、一度アルバイトをしてみて、自分に向いてないと思ったり、「ブラックだ」と思ったら迷わずそこから『逃げる』事もアルバイトをする上では重要な事だという事を知って頂きたいと思います。

 

きっとあなたが楽しめる、そしてあなたにピッタリのアルバイトが見つかりますよ(*´ω`)


★筆者プロフィール★

名前:はむたろー (はむ)

ブログ:http://www.hamutaro.site

趣味:ブログ・ドラム

特技:ゴルフ(全国大会出場経験有・自己ベスト73)

   勉強(全国模試での最高偏差値73.3)

得意教科:数学・物理・化学

苦手教科:国語・社会

一言メッセージ:

私のブログでは、京都大学合格を目指す私の模擬試験や定期試験の結果を大公開しております!

皆様と一緒に京都大学合格までの険しい道のりを歩んでいきたいと思っていますので、是非とも私のブログに遊びに来て応援してください!(^^♪