☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

煙突掃除のバイトってどう?ぶっちゃけキツかった!

僕もいろんなバイトを経験してきましたけど、いままで一番きつかったバイトを紹介したいと思います。

 

それは「煙突掃除のバイト」です。普通の学生って、コンビニとか居酒屋とか、結構華やかなところでバイトしますよね?

 

なんで僕が煙突掃除のバイトをするようになったのか…って事についても、お伝えしていこうかなって思います。

 

煙突掃除のバイトをするきっかけ

まず、なんで煙突掃除のバイトをするようになったのか?って事からですが、単純な理由で「父のお願い」でした(笑)

 

僕の父の友人に、木材関係の加工工場を相手に自営業を営んでいる人がいたんですが、そこの職人さんが身体を壊してしまい、煙突掃除の助っ人がいるって事で、なぜか学生の僕に白羽の矢が立ったって訳です。いまから思えば、体力さえあれば誰でも出来る仕事なんで、別に僕でなくても良かったみたいですけどね…。

 

でも当時は学校も行かずにぶらぶらしてたんで、小遣い稼ぎにはちょうどいいかって事で、煙突掃除のバイトにチャレンジする事になりました。

 

実際の煙突掃除の仕事とは!?

いよいよ煙突掃除の仕事をする事になった僕ですが、現場に行くと驚愕の事実がわかりました!

 

それは「とにかく煙突が巨大!」って事です。たぶん15mくらいあったと思いますが、もう1人の職人さんに聞くと、その煙突の中に入っていって、作業をするってことを聞いて、正直「もう帰ろうかな…」って思ったくらいです。

 

そしていよいよ煙突の中に入る訳なんですが、最初はもちろん先輩の職人さんに教えてもらいながら、まずは手本を見せてもらいました。その職人さんは命綱をひっかけて、煙突の中に上から入っていって、煙突のススとかホコリをブラシで落として行きます。そして5mくらい行ったところで、煙突の出口に上がってきて「後はよろしく!」って、去っていきました…。

 

「あ…あとはよろしくって!!??」って思いましたけど、締め切りの作業時間もあるので、いざ煙突の中へ…。

煙突の中に入った感想は「とにかく暗い!」(当たり前か…)そして、「暑い!」って事でした。さっきまで熱気が通っていた煙突だったので、中はめちゃくちゃ暑いですし、身の安全の為にも服装は長袖なんで、それはもう「暑い」の一言につきました。でも、なんだかんだ言いながら、煙突の下までたどり着いたのは、作業開始から約2時間程度だったと思います。煙突から出てきた時には、顔も真っ赤でススで真っ黒…(どっちかわからない…)、そして喉も渇いてフラフラって感じでした。

 

でも給料は良かったかも!

そんな感じの煙突掃除のバイトだったんですが、気になるのは給料ですよね?

 

実は、僕がそのバイトをするきっかけは父の紹介だったので、正直仕事をするまでに給料の確認とかもしてなかったんです。でも、実際仕事が終わって、その場でもらえた給料を見て「びっくり!」

 

実労時間は朝の8時から昼の12時くらいだったんですが、なんとそれで1万円もらえました!まぁ、父の紹介ってこともあったかもしれませんが、今社会人として仕事をしている立場で考えると、たぶん煙突掃除の作業費用としては、顧客に5~10万円程度は請求していたんだと思います。でもあれほど暑い仕事で辛い煙突掃除でしたけど、意外に給料が良かったんで、ぶっちゃけ「おいしい」って思いましたね。

 

続けたかった煙突掃除…しかし。

煙突掃除のバイトも割りがよかったんで、続けたかったんですが、実は3ヶ月程度でそのバイトも終了って事になりました。理由は体調を崩していた職人さんが復帰したってことと、その会社の顧客も減少傾向にあったことが理由みたいです。そりゃそうですよね、今や煙突があるのは古い工場や風呂屋くらいしかない訳で、その他の最新工場なんかは、恐らくそんな人で掃除する煙突なんか少ないのかもしれません。でも、その父の紹介でバイトしてた会社では、そのほかにも木工機械の設置とか、点検作業もやってたんで、バイトとして勤務するって事だけは続けてました。

 

でも、今から思えば、そんなに長続きするバイトじゃなかったかもしれません。なにせ体力は使いますし、服もめちゃくちゃ汚れます。そして何よりも、粉塵をたくさん吸ったりするので、あまり健康にも良くないと思いますしね。でも、お金が無い時なんかは、いまでも「単発で煙突掃除のバイトないかな?」なんて、ついつい探している自分がいますけどね。

 

まとめ

今回は煙突掃除のバイトについて語りましたけど、なにか参考になる事ってありましたでしょうか?煙突掃除のバイトに限らず、レアな仕事ってのは、求人誌には載っていないケースがほとんどで、結構知り合いから情報が入ってきたりします。ですから、もしレアなバイトを探しているなら、まずは人脈を広げるって事がポイントになるのかもしれませんね!

 


●筆者:よっしぃ~

 

●これまでのバイト経験…コンビニ店員・パチンコ店員・パチンコ台の設置バイト・引越し作業スタッフ・店舗清掃・チラシポスティング・工場勤務・内装屋さんの補助・居酒屋店員などなど。

 

●キャラ紹介…最近、なんと野菜作りにハマッてますww 近所で貸し農園を借りて、野菜を作ったり…。捥ぎ立てのトマトは最高っすよ!

 

●「過去のアルバイトの経験で感じたこと、そして今アルバイトを探している人の為に役に立つこと…。この二つを伝えたくてブログにしています。参考になればうれしいです!!」