☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

【運転好き必見!】 車や原付の運転ができる!! 激楽バイトの弁当配達に迫る!!

こんにちは。

 

アルバイト探してますかー?

いろんなアルバイトありますよね。

近場のコンビニで店員やるのもよし。ファミレスで料理作るのもよし。居酒屋でお酒を作ったりオーダーとるのもアリ!

 

いろんな選択肢があります。

 

けど、一つ、ありそうでなかった選択肢を見逃してません??

 

弁当配達のバイトです!!

お客さんと過多にかかわらなきゃいけない業務はだるいなぁ。新しいこと覚えるのめんどくさいから簡単な業務をやりたいなー。そんな風に考えている君!このバイトの記事は読んでおくべきだ!

 

 

 

その発想はなかった!って人は割といると思う。ありふれたバイトではあるものの、コンビニや飲食店などのバイトの花形と比べたらちょっぴりレアだ。

 

でもレアだからって難しいなんてことは全くないし、特別なスキルが必要かと言われれば運転免許だけである。

 

 

今日はその気になる実態について、アルバイトマスター・ヒョータがちょっとだけみんなにお伝えしようと思う。

 

弁当配達って何?どんなことするの??

 

 

簡単に言ってしまえば、配達を頼まれた弁当を依頼されたところまで車か原付で持っていくだけ

運転の練習にもなるし、運転中は接客も料理もしなくていい自分だけの時間だ!

僕はこの時間は好きな曲をかけながら鼻歌交じりにバイトをしていた。

飲食系のバイトなので賄いもあるところが多い。車でひとっ走りした後に掃除して賄い飯を食べて終わりである。

 

色々なバイトを経験したが間違いなく「楽バイト」である。

 

時給は都心部で900~1000円くらい。筆者のいた田舎部(青森)で800円くらいだ。

高くもなく低くもないといったところだ。もう少し高ければもう半年はやってたかもしれないなぁ(笑)

 

弁当と言ってもその種類は多種多様で、文字通り弁当であることもあれば、ピザやソバだったりすることもある。運ぶ内容は変われど基本的な部分は一緒なのでどの種類でも参考にしてくれ!!

 

①電話で注文が来る。

 

電話が来たら、それぞれのお店のやり方に従って対応をするのだ。

大抵はどこの配達屋さんでも「名前・住所と電話番号・頼むもの」の三本柱である。

これに対して「復唱・確認・到着予定時刻」の三本柱で反撃しよう。

お客さんは割と滅茶苦茶なオーダーの仕方をするので手元にメモ用紙とペンを持っておくと無難である。

「からあげ丼からあげなしでお願いします」って言われた時はさすがに脳みその思考が止まった。あの客何がしたかったんだ。。(笑)

 

②地図で住所を確認し、商品が完成したら出発!!

ここの過程はバイトをする環境によってマチマチである。

 

個人経営の弁当屋や蕎麦屋であれば、店にある住所が詳しく書かれた地図を使い、住所を確認することになる。慣れるまでは場所を特定するのも大変だが、やっていくうちにそのうち住所も覚えるしこの手順はただの作業と化する。

ピザハットやガストのような大型店になるとさらに簡単で、車にカーナビがついているところが多いので、それに住所を打ち込めばオーケーだ。

近ければ残念だし遠ければラッキーである。

 

大きい勤務地じゃないところだと、住所を調べた後に料理を作るのを手伝ったり、調理器具やお皿類を洗う作業をすることにもなる。この辺は本当にバイト先によってマチマチなので面接の際に「運転以外になにかやることはありあすか?」と聞いてみるといい。

 

 

③いざ出発!!目的地までドライブだ!!

ここがこのバイト一番の醍醐味だ!!

最初にも書いたが車を運転している時は接客はしなくていいし、誰かに気を遣う必要もまったくない。

面倒くさがりの僕にはこんなに楽なバイトはなかった。

 

 

住み慣れた街でも「こんなところにコンビニあったんだ。」とか「友達歩いてる!あいつの家この辺なんだなぁ。」なんていう新しい発見もあったり。。

ただし、一応食べ物を積んでるのであまり乱暴な運転はしないように。

万が一道に迷っても大丈夫。今の時代、住所なんてGoogleMapでいくらでも調べることができる。迷ったらいったん車を止めて、スマホで現在地と目的地を確認だ!!

急いで事故を起こしても仕方ないのでのんびり運転しよう。

 

「到着してみて弁当ひっくり返ってました」みたいなことになったら作り直し&配達し直しみたいなこともあり得る。そうなってしまったらバイト仲間や正社員に白い目で見られる羽目になるゾ。(友人がカレーをひっくり返してそんな状況に陥った。かわいそうに。。)

 

ちなみに配達先は実にバラエティ豊富で一般家庭の他にも

病院(看護婦さんやお医者さん用の弁当。かっこいいな。。)

大学(友達が研究室に頼んで鉢合わせもある。うるさい。。)

寺(和尚さんに弁当渡したら拝まれる。笑ってはいけない。。)

風俗店(際どい服着たお姉ちゃんに配達した。えろい。。)

 

こんなようなものがあった。なかでもバイト先から遠く、長いこと店から離れることができる寺はヒョータ的にポイント高めである。オーダーが入ったときは心の中でガッツポーズをしていた。

 

 

 

④お客さんに商品を受け渡し、会計!!そのままバイト先に帰還!!

 

ここがこのアルバイト唯一の接客パートである。

ピンポンを押して、お客さんが家から出てくるまで待機。インターフォンがある場合は『〇〇弁当お持ちしましたーー』と一声かけよう。

 

玄関からお客が出てきたらお金をもらって弁当を渡してから撤退しよう。

お金の計算が苦手な人は計算機を持っていくといい。

 

あとはもう簡単で、きた道を折り返すだけである。

 

これが弁当配達の一連の流れだ。超簡単である

 

 

弁当配達で気を付けておくべきポイント!!

こんな楽バイト。弁当配達であるが、もちろん気を付けなければいけないこともある。君のバイト生活を快適にする為のいくつかのポイントをここで抑えておこう!!

①職場の人間関係に注意!!

これに限る。

例えめんどくさい業務でも一緒に働く人たちが仲良しで愉快な人たちであれば大抵の面倒ごとは乗り越えることができるだろう。しかしこれは逆もまたしかりである。。

どんなに楽なバイトでも一緒に働く人たちの交友関係が劣悪だったり、嫌味な人たちだったりすると精神的に非常に疲れる。事前にバイト先にご飯を食べに行くなどして職場の雰囲気をリサーチしておくことを強くお勧めする。

 

②交通事故はだけは起こさないように気を張れ!!

スピード超過には本当に気を付けよう。

 

事故を起こすと、場合によっては修理費を自己負担することになる

大型店だと店側の責任として出してもらえる仕組みがあるのであるが、個人営業だとそうもいかないというのが現実だろう。

さらに、車が事故を起こして修理行きになると、実働車両が一台減ってしまうことになる。これはお店としては大損害だ。アルバイターとしては知ったことではないが、これによってオーナーや同僚に白い目で見られるのは君にとって精神的損害だ。(笑)

交通事故なんて、それとなく気を付けていれば絶対に起こらない。筆者は原付で日本一周したし、ヨーロッパもバイクで回ったが事故は一回も起こさなかった。アルバイターとして以前に、ドライバーとしての心構えだ。ここは徹底しよう。

 

③雨の日や雪の日。台風の日も配達はある!

むしろ増える!!(爆笑) 

 

そうだよねー。外出たくないもん配達頼むよなぁ。。

そんな中でも車はいつも通り運転しなければいけない。もちろん視界は悪くなるブレーキの掛かりは目に見えて悪くなる。さらに原付配達の場合はスリップの危険が出てきて超怖い。

 

それでもお店は回っている。我々はそんな中でも運転し、客に商品を届けなければいけないのだ。。!!

 

。。なんて悲壮な覚悟を決める必要はないものの、そういう日もあるんだなぁくらいには心にとめておこう。大丈夫。そんな日でも十分に気を付けながら運転すればまず事故にはつながらない。本人の心構えしだいだ。

 

いかがであっただろうか。

弁当配達がいかに「楽バイト」であるかはわかっていただけただろう。

車の運転もできて自分の時間も確保できていいことだらけである。

是非とも「弁当配達」。君の選択肢の一つに入れてみてほしい。

 

 

では!!


自己紹介。

名前:ヒョータ

弘前大学4年生。今は東ヨーロッパのハンガリーでのんびり英語の勉強中。

3年前に原付で日本一周。

3ヶ月前にヨーロッパを野宿しながらバイクで一周を達成。

ただいま絶賛無職無収入。

リゾートバイトについての記事はこちらから

ブログはこちら→【ヒョータの愉快なハンガリーライフ】