☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

これって変でしょ?初めてのバイトで驚いた店舗独自のルールを調べてみた!

バイトルールについて

皆さんが働いているバイト先にはちょっとおかしなルールってありませんか?同じ系列のバイトでも、働く店舗が違うとその店舗によって独自のバイトルールがあると思います。

例えば、遅刻3回で減給だ!とか、バイト内での恋愛を見つけたらクビだ!とか、挨拶の時の声が小さいから罰として腕立て10回!とか。

でも、これらのルールってどこのバイト先でもそうなのかな?って思ったことありませんか?

特に人生で初めてのバイトだと、このルールちょっとおかしい気がするけど当たり前なのかな?なんて自分を納得させてしまうかもしれません!

だって、自分のバイト先の独自ルールって他の人の話を聞かないと気づかないですもん!笑

そこで今回はバイト特有の独自ルールが気になったので、ちょっと変わったバイト先の独自ルールをネット上で調べてみることにしました。

自分が働いているバイト先のルールが一般的にみて普通なのか?それともおかしいのか?少しでも基準になればいいなと思います。

 

あなたのバイト先は大丈夫?驚きの店舗独自のルールを集めてみた!

ちょっと変わったバイトルール!

 

・ベテランのおばちゃんだけ5分前出勤でOK(スーパー)

こうゆうルールありますよね?特に長年働いている方が多いと思います。仕事スタート10分前にはユニフォームに着替えてないといけないのに、5分前にしれーっと入ってきたりとか。酷いと余裕で遅刻してきたのにタイムカード細工しているおばちゃんとかいましたもん!

 

・売り上げがよければ豪華なまかないが登場!(レストラン)

僕は、過去にファミレスでアルバイトをしていた時期があったのですが、この豪華なまかないをいただける日ってものが確かに存在しました。その月の売上が良かったときは店長がまかない(社食)を奢ってくれたり、いつもよりおかず多くしてくれたり!かわいい女の子には奢ったりとかもありました。差別だー!笑

 

・まかないのアドバイス付き(居酒屋)

これも飲食業界にとってはあるあるだと思います。僕もファミレスバイト時代に先輩のスタッフからまかないの盛り付けとかでいちいち指摘されたことありました。自分用のまかないなのに、作ったもの一回みてもらわなきゃいけないルールとかありましたよ。

 

・バイトリーダー専用のイスが存在(雑貨屋)

バイトリーダーの人だけ他のバイトより良いもの使うって風習ありますよね?これってなんなんでしょう?差別化なんでしょうか?普通のアルバイトスタッフの道具は安ものなのに対して、バイトリーダーだけちょっと高い道具使っていたりとか!笑 どこのバイトでもあるエピソードだと思います。

 

参照サイト:フロムA

 


 

・室温はおつぼねさまが決める

どのバイトにもおつぼね様っていますよね?笑

その方は変な権力持ってたりするからタチが悪いです。休憩室のエアコンの温度はその人の気分で決まるとかテレビのチャンネルとかもあったりしますね。

 

・旅行に行ったら必ずおバイト先にお土産を持っていく

夏休みや冬休みとか長期の休みを取ったりすると、お土産をバイト先に持っていかないといけないという暗黙のルールあったりしますね!休みを貰ったお礼的な意味も込めているんでしょうけど、これって結構めんどくさいルールです。

参照サイト:NEVERまとめ

 


 

・売上がいかないと自分で負担する

これはバイトの職種によってだと思います。レジのお金が合わなかったりした時は自分のお金から埋め合わせするって話をきいたことあります。ブラックバイトにありそうなルールですね。

 

・タイムカードを押した後に発生練習をする

接客業のアルバイトによくあるルールですね。バイト中ならまだしもバイト終了後にも発生練習するって異常です。

参照サイト:タウンワークマガジン

 


 

・店長の変顔が掃除のサイン

・恐いお客さんやクレーマーが来たときは「注文入りました~!」と言うと、周りのスタッフ駆けつけてきてくれる

バイト内での特殊な隠語とかってあったりしますよね?お客さんに知られてはいけない言葉を隠語として使ったりすることはバイト先であることだと思います。例えばトイレに行くことを花を摘むといったりしますが、バイト先によって数字に例えて、10番行ってきます!みたいな表現することもあるようです。

参照サイト:LINEバイト

 

こんなおかしなルールがあるバイトは嫌だ!絶対働きたくない最悪な独自ルールとは?

先程まで、皆さんのバイト先の独自ルールをご紹介しましたが、中には絶対おかしい最悪なルールもありました。それでは絶対に働きたくないバイト先のルールとはどのようなものなのでしょうか。調べてく上でこれは最悪だなって思ったのはお金に関することでした。

 バイト先によっては、仕事をミスしたことで減給されたり、ほんの数分遅刻をしたために給料を減らされたり、ヒドイとこだと罰金を払わされるバイト先もあるようです。

さて、バイトで減給や罰金って法律的にどうなのでしょうか?

基本的には罰金を科すことは法律的にみても違法のようです。罰金制度に関することは労働基準法でしっかりと賠償予定の禁止としてルールが定められているそうです。

賠償予定の禁止(ばいしょうよていのきんし)とは、使用者と労働者が労働契約を結ぶ際、違約金を定め、または損害賠償額を規定する契約を結んではならないとする労働法の概念。日本では労働基準法第16条に定められている。「罰金(制度)」などと呼ぶことがある。

参照:ウィキペディア

 

ただし注意が必要なのが、罰金は禁止されていたとしても労働者が故意で損害を出した場合などは会社側は損害の賠償を請求することができるということです。

 

  • 労働基準法第16条は、賠償予定「額」の「予定」を禁止した規定であり、賠償請求を禁止するものではなく、労働者が債務不履行や不法行為を行った際にその労働者を免責するものでもないことに注意。実際に損害が発生すれば、損害の賠償を請求することは禁止されていない。

 

一方で減給に関しては法律的には認められているのです。そのため、一概にバイト先で減給のルールがあったとしても納得せざる得ないこともあるかもしれません。ただ、バイト先によっては悪意を感じる独自ルールで減給を受けたなどの話があるのも事実。世の中にはブラックバイトと言われているバイト存在します。お金に関するルールが異常だと感じたバイト先では働かない方が良いでしょう。

参照サイト:ウィキペディア

 

そもそも独自ルールが生まれる原因ってなに?

独自ルールが生まれるわけ

皆さんはバイト特有の独自ルールが生まれる原因ってなんだと思いますか?

これはあくまでも僕の考えですが、バイト先で変なルールが生まれるきっかけとなるのは、そのお店の店長やリーダーなどの権威がある方や長年の働いてきた方が決めているということ。

これはどのバイト先でも言えることだと思います。この人達が権力をふるって独自のルールを決めている可能性があります。

仕事をしていく上で大切なルールを決めてくれる場合もありますが、その人の性格や考え方によっては可笑しなルールを作っているのも事実。

つまりはそのアルバイト先の偉い方によって独自ルールが生まれるってわけです。僕たちはこのルールには抗えないのかもしれないですね。

 

でも最低限のルールって大切ですよね?

そもそもルールって何のためにあるのでしょうね?学校や会社にも明確なルールが存在します。そんな僕も学生時代は、校則なんかに縛られるのが嫌だ!なんて思ってた時期がありました。でもルールって大事だと思います。

極端な話しで例えるなら、もし今の世界が犯罪を犯しても罰せらせいってルールがあったとします。そんな世界だとしたらどうなると思います?皆さんの想像した通り大変な世の中になると思います。

このことからバイト先での秩序を守るためには、最低限のルールが必要だと僕は考えます。  

 

初めてのバイト先で私が経験した、お笑い学生考案の独自のバイトルールとは?

最後に僕が以前働いていたバイト先でのちょっと変わったルールをご紹介していきますので、少しでも参考になれば幸いです。

 

僕は高校生の頃から4年間、ファミリーレストランガストの厨房スタッフとしてバイトをしていました。このバイト先は高校生から大学生までの比較的若い世代のスタッフが多かったんです。

 

実はこの厨房スタッフの1人に、ちょっとやっかいな人物がいたんです。その人は当時22歳の学生でお笑い芸人の学校に通っていたちょっと特殊な経歴の持ち主でした。

 

その方はお笑いの勉強をしていたこともあり、面白いことが大好きでした。バイト中にギャグを連発したり、自慢のマシンガントークを披露したりと正直めんどくさいタイプの人だったんです。

 

まあ、ちょっとうるさいくらいなら我慢できたのですが、このお笑い学生はバイト歴が長いことと、持ち前の明るさで周りのスタッフから絶大の人気があり、このファミレスバイトで上手くやっていくには避けては通れない存在でした。

 

そんな、お笑い学生は厨房スタッフのリーダー的な存在で彼独自のルールを生み出していったのです。

実際どんなルールかと簡単に説明すると、ほとんどが中身のないくだらないルールでした。

 

ファミレスは注文が多いランチ時やディナータイムにはお客さんが多くかなり忙しかったりするのですが、そのお笑い学生いわく、「忙しい時こそテンションを上げるべきだ」と言い出して!厨房の中で大声でギャグを披露したり、テンションをあげるために変な奇声をあげたりしていました。

 

このテンションになったら誰も止めることが出来ず、彼は周りのスタッフにもギャグを強制したりしてきたりとやりたい放題!俺がこのセリフ言ったらこうゆうリアクションしろとか!俺がこのポーズしたらみんなこのギャグを一緒にやれとか!

 

彼は厨房の中で自分ルールを周りに強制する、やっかいな存在へとレベルアップしていくのでした。そのお笑い芸人志望の学生のせいで僕のバイトライフは最悪なものへと変化していったことは言うまでもありませんね。笑

 

こうして、当時新人だった僕は彼の独自ルールに苦しみながらもバイトで働いていくことの大変さを学ぶことができました。あのちょっと変わったルールを次々と披露してくるお笑い学生学生のおかけで人生経験を積むことができたと思います。以上が僕がバイト先で経験した独自ルールの話でした。皆さんのバイト先にも変わったバイトルールがあることでしょう!しかし、そんな独自ルールに負けず頑張ってもらいたいものです。


ライタープロフィール:KEN

バイト経験:ファミレス、引越し屋、イベントスタッフ、倉庫内作業、派遣・短期バイトなど。

現在の職種:WEB制作、デザイナーとしてホームページ制作に携わっております。

趣味:温泉が好きで日本全国渡り歩いています。