☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

家事も仕事も両立させたい!主婦のバイトの正しい探し方

主婦が働くって大変ですよね。

家事をこなし、育児をこなし、仕事をこなす。

一日が24時間ではやりたいことは終わりません。

 

大変だけどやっぱり働きに出る。

その理由は家庭によってそれぞれですよね。

 

☆自分のお小遣いが欲しい

☆家計費の足しにしたい

☆子供の学費に当てたい

☆社会とつながっていたい

☆自分の時間を持ちたい

 

筆者の周りで働いている人も家庭と育児と仕事を両立しています。

みんな理由はそれぞれです。

 

せっかく働くなら上手く両立させたいですよね。

 

家事も手を抜きたくない

子供にも手をかけたい

仕事も頑張りたい

 

それには無理は禁物です。

どれも均整がとれて初めてうまく両立していくのです。

 

主婦の人がこれから働こうとするとき、どんなことに気を付けて働き始めれば良いのでしょうか?

 

筆者は今まで様々なアルバイトを経験してきました。

現在は専業主婦ですが、時々お誘いをいただくこともあり、アルバイトをすることもあります。

でも、専業主婦の時ですら一日はあっという間。

アルバイトをしているときは毎日が怒涛の様に過ぎていくのを感じます。

 

それでもなんとかやりくりが出来ているのは、アルバイトを始める時に筆者が決めた条件内で仕事をすると決めている事。

 

今回は筆者の経験から、

主婦のアルバイト、働く前に確認しておくべきこと!

をご紹介したいと思います。

 

主婦のバイト探し

主婦の方がアルバイトを探すとき、どのように探しているでしょうか?

 

自分の資格を活かせる?

やってみたい仕事がある

これからの為に学んでみたい仕事がある

 

もちろんこんなアルバイトが見つかれば言うことありません。

しかし現実には主婦のアルバイトには大きな壁があります。

 

それが時間のやりくりと家事・育児とのやりくり。

 

それを考えてアルバイト探しをすると、つい条件として考えるのが

「自分の希望の時間帯だから」

「時給がいいから」

となんとなくの希望になってしまいます。

 

しかし待ってください!

そんな決め方で本当に良いのでしょうか?

 

主婦のアルバイト探しのポイント

一番大切なポイントは「家事と仕事の両立」です。

 

始めは「出来る範囲で・・・」とアルバイトを始めたのに、仕事に思った以上にやりがいを感じてしまい、家事より仕事重視の生活になってしまった。

 

これ、筆者の実体験です。

一旦仕事を増やしてしまうと減らしてもらうのは大変です。

そのうちまとめて片付けようと思っていた家事はみるみるたまっていきます。

家に帰っても散らかった我が家と、食事を作る慌ただしい時間。

働く時間が増えるので、給料は増えますが、生活自体がすさんでしまってはいい環境とは言えません。

旦那さんも家事が得意なんてうちはいいですが、大抵の家庭はそんな上手くできてませんよね。

わが家も荒れ放題で、とうとう私のストレスが爆発し、一度バイトを辞めました。

 

筆者の友人は結婚してからずっと専業主婦です。

友人の御主人曰く、

「数時間働きに出て家のことがおろそかになるのなら、いっそ働かないでくれ」

と言われている様です。

これについては色々思うところもあるのですが、友人の御主人には友人が仕事にシフトしていってしまうのが見えたんでしょうね。

 

仕事をすることで夫婦げんかが増えることになってもお互い嫌な思いしかしません。

ガッツリ働きたい人は、まずご主人の家事のスキルをきっちり見極めましょう。

 

次に「育児との両立」です。

お子さんがいる場合は、ますます働く時間が限られますよね。

保育園のお迎えはなるべく延長なしで。

子供が学校から帰ってくるときには家で迎えてあげたい。

これもそれぞれの考え方次第です。

 

もちろん保育園の時間延長や学童を利用するのも手だと思います。

自分が育児との両立ができる範囲を知ることが大切です。

 

主婦のアルバイト探しの条件

働き始めてから

「こんなはずじゃなかった!」と思わないために、どんなことに注意してバイトを探せばよいのでしょうか?

 

①家庭との両立が出来るか

 先程のポイントであったように、自分が働ける時間、日にちをきっちりと決めてから応募しましょう。

 

②急なお休みに対応してくれるのか

 家族が体調を崩してしまったときは看病しないとならないですよね。

 そんな緊急時にお休みを取れるかを確認しましょう。

 子供がいる家は特に注意が必要です。

 いつ熱を出して休むか、いつ体調を崩して早退するかわかりませんからね。

 こんな時に多少でも考慮してもらえるかも確認しておくと後で助かります。

 (もちろん緊急時の話です)

 

③シフトの曜日

 主婦って平日でないと出来ない用事も結構あります。

 銀行や役所での手続きや、学校の参観日なども平日ですよね。

 なので働く曜日には注意したいところ。

 完全週休2日制でもやっていかれればそれでいいのですが、どうしても平日の用事がある人には平日に1日でも休めるシフトの募集が望ましいです。

 

④仕事内容

 これも家庭への影響が出る項目です。

 接客が苦手な人が接客をすると、体力ばかりか精神的に疲れてしまい、家ではまったく笑えません。

 家族にとっては大迷惑です。

 また自分の力量以上の仕事をしても、家に帰って疲れてしまい、家事や育児どころではないでしょう。

 新しい仕事にチャレンジすることも楽しいですが、自分が家に帰ってからもしっかりしていられる範囲のお仕事を探しましょう。

 

④通勤距離・立地条件

 単身者の場合は通勤距離が遠くても少し大変なくらいです。

 しかし主婦にとって職場が遠いのは死活問題!

 通勤の時間についでに出来る家事はなく、時給も発生しない。

 言わばもったいない時間なのです。

 ただ立地条件がいい場合はこの限りではありません。

 ちょっと遠いけど銀行や病院が近かったり、子供の学校が近かったり、仕事帰りに買い物が出来る環境だったりと、自宅より離れた方が都合がいい場合は立地条件を優先した方がいいでしょう。

 

⑤時給

 本来なら1番に考えたい事ですよね。

 誰だって同じ1時間働くならより多くのお給料をもらいたいものです。

 でも時給がいいからと無理して働いても続かなければ、結果収入は少なくなります。

 特に長期的に働きたい場合は、目先の時給ではなく、将来的な目線で考えましょう。

 

①~⑤のチェックポイントを挙げてみました。

実際のところ、これらの項目をすべてクリアするのは難しいことだと思います。

あまりこだわってしまうと

「条件に合った求人がない・・」

と言うことにもなりかねませんから。

 

①~⑤はあくまで筆者のおすすめチェックポイントです。

自分がこだわりたい部分を1つ決めて、あとはある程度の妥協も必要です。

 

あまり条件にこだわりすぎると仕事は見つかりません。

条件のハードルを下げた方が仕事が見つかりやすい。

これも筆者の実体験です。

 

子供がいる場合に注意すること

普段の保育園や学校生活の時は1週間のサイクルを考えてシフトを組めば大丈夫です。

ただ意外と忘れているのが、

「長期休業時の子供の預け場所」。

週に1回の振り替え休日ならお休みが取れるけど、春休みや夏休みなど、数週間から1カ月以上のお休みは取りづらいですよね。

そんな時の対策を考えていますか?

 

【おじいちゃん・おばあちゃんに頼む】

おじいちゃん、おばあちゃんがいて預かってもらえそうなときは、仕事を探している段階から相談しておいた方がいいでしょう。

今時のおじいちゃん、おばあちゃんは元気です。

わが家もですが、しょっちゅう習い事や友達と出かけて不在の時があります。

いきなり頼むのはおじいちゃん、おばあちゃんにも申し訳ない。

早めに相談しましょう。

 

【学童に入れる】

いざとなったら学童がある!と思っていませんか?

低学年のうちはいいのですが、高学年になるほど要注意です。

学童は学童の仲間が出来ていて、途中から入ってもなかなか馴染むのが大変なのです。

 

筆者の子供の学校でも3年生くらいだと学童を嫌がります。

2~3日は渋々行くそうなのですが、その後は「家で留守番してる」と言い出すそうです。

嫌々行かせるもの・・・と留守番をさせる家庭が多いようですが、心配ではありますよね。

いっそ学童に入れるなら1・2年生の早い段階で入れましょう。

 

主婦のバイトの意外な探し方

それではどのようにして主婦に働きやすいバイトを見付けるのでしょうか?

ハローワーク?

バイトアプリ?

もちろん沢山の求人応募をみることが出来るので有効です。

しかし、実際に急なお休みが取れるか、子供の行事を考慮してもらえるのか、などを知ることが出来るのはなんと口コミ!

主婦の口コミって最強ですからね~。

主婦だと働ける時間や日数は同じパターンが多いですよね。

だから自然と働きやすい職場には主婦が多くバイトしています。

すると仕事の話になったときに、

「子供が熱出したのに仕事帰れなかったの!」

「え~!私のバイト先は休めるよ」

「え?それどこ?まだ求人出てる?」

と本当に知りたい情報があっという間に入ってくるのです。

 

まとめ

主婦のアルバイト探しについて、注意したいこと、応募する際のチェック項目をご紹介してきました。

数時間のアルバイトでも、1日のアルバイトでも、やはり家事と両立しながら仕事をすることは大変です。

家庭円満のためにも、自分が一番働きやすいバイト先を探すことが大切ですよね。

バイトすることで自分もイキイキとしてお財布も潤う。。。

そんなアルバイトが出来れば最高!

筆者もそろそろアルバイトを始めたくなりました。

 

筆者

専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。

動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。