☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

コンビニバイト完全版!コンビニバイト情報を網羅&徹底解析!

コンビニのアルバイト全解説

コンビニは誰でも一度は通るバイトの登竜門ですよね。つまり一度はコンビニバイトについて調べたことがあるということです。まぁ大袈裟ではありますが、わたしはそのくらいコンビニバイトは多くの人が経験していると考えています。

実際にわたしも大手コンビニチェーンのセブンイレブンでバイトしていました。もちろん初めてのコンビニバイトです。さきほどもお伝えしたようにバイトの登竜門であるがゆえ、バイト初心者が新人として入ってくることも多かったと記憶しています。

わたしも含め、初めてのバイトということで、不安なことだらけでした。例えば人様のお金を預かることなんて日常生活ではありませんから、レジ業務ひとつとってもテンパってしまうわけです。

 

そんなレジくらいで・・・
 

 

そう思いますか?わたしも思ってました。ですが、客としてレジで買い物することと、店員側でお金を扱うのはまったく別世界です。

つまり、そのくらい「初めて」という世界は怖いものだということです。そこで今回は、コンビニバイトを始める人が、いっさい不安を感じないよう、徹底的にコンビニバイトを解剖したいと思います。
コンビニバイトについて興味ある人、始めたばかりの人、もちろん経験者も必見です。最後までぜひご一読ください。

コンビニのバイトは何をするの?

まず気になるのはコンビニバイトの仕事内容ですよね。わたしの場合はセブンでバイトをしていたので、それに基づいて仕事内容を紹介していきたいと思います。仕事内容は以下の通りです。

仕事内容

  • レジ業務
  • 入荷商品の検品
  • 商品の品出し、陳列、整理
  • 店内と駐車場の掃除、ゴミ捨て
  • 洗い物
  • フライヤー商品の調理

では、ひとつずつ詳しい内容をみていきます。

レジ業務

レジ業務と言えば、お客様の対応、商品のスキャン、お金のやり取り、袋詰めの一連作業になります。コンビニのバイトで一番イメージが強いのがこのレジ業務ですよね。

実際、仕事の配分でレジ業務が占める割合は多いです。コンビニのバイトでレジを避けて通ることは不可能です。逆に言えば、レジに慣れてしまえば、もう勝ったも同然なわ

入荷商品の検品

よく、セブンイレブンのマークが入ったトラックが駐車場に停まっていることがあります。このトラックが、お客様にお届けする商品をお店に届けてくれているんです。

届いた商品は、一時的に店の通路に置かれ、手が空いたときに検品をします。検品というのは専用スキャナーを使って、発注数と実際届いた数が合っているのかを照らし合わせる作業です。

商品の品出し、陳列、整理

コンビニはお客様の回転率が非常に高いという特徴があります。そのため常に商品補充を意識していなくてはなりません。うっかりしていると「品切れ」なんてあっという間です。
だからこそ、レジ業務の合間合間に隙を見て、バックヤードにストックしてある在庫を補充しに行きます。このことから、意外と楽な仕事ではないことがわかりますよね。あまりコンビニバイトを舐めて始めると、ちょっと痛い目を見てしまうかも知れませんよ。

店内と駐車場の掃除、ゴミ捨て

わたしが働いていたセブンでの掃除と言えば、店内はモップがけとトイレ掃除、店除は駐車場の掃き掃除でした。そこに加え、お客様用のゴミ箱のゴミを定期的に倉庫に移し、ゴミ袋を入れ替える作業がありました。

コンビニのバイトというと接客のイメージばかりが先行しますが、こんな地味な仕事もあるんですよ~。

フライヤー商品の調理

最近のコンビニは美味しそうなものがいっぱいありますよね。わたしは肉まんとコーヒーが大好きです。コンビニも日々進化していて、近年では本格的にその場でドリップするコンビニコーヒーが爆発的にヒットしました。

コーヒーにおでん、それに忘れちゃいけないのがフライヤー商品です。揚げ物ですね。アメリカンドック、美味しいですよね。セブンですと、から揚げ棒は本当に絶品です。

ですがこのフライヤー商品ってどうやって出来上がってくるんでしょうか。気になりませんか?実はこれ、コンビニバイトが裏で揚げているんです。コンビニバイトでまさか揚げ物をすることになるとは、いったい誰が想像できたでしょうか。

洗い物

フライヤー商品が人気なのはいいことです。ですがこのフライヤー、コンビニバイトにとってはちょっと厄介な代物でして・・・。

そうです、フライヤー関連の器具の洗い物が地味に面倒くさいんです。この器具を洗うのもコンビニバイトの仕事のひとつ、油まみれでぎっとぎと、まさかコンビニバイトで洗い物をすることがあるとは。これも予想外の業務内容でした。

コンビニバイトの時給

コンビニバイトの時給について

私がバイトしていたセブンの時給は850円ほどでした。ちなみに、わたしは夜勤だったので深夜手当などもあり、時給は1050円でした。

全職種を含めたバイト時給の全国平均が1000円程度ですので、コンビニバイトは時給が安い仕事だと言えます。ではなぜ時給が低いのか、それは誰でも仕事ができるようにマニュアル化されているからなんです。

ただ、いくらマニュアル化されているとはいえ、ひとむかし前のコンビニと違い業務が増えてきています。経験者としての感想は、もっと時給は高くてもいいのではないかというのが本音です。

セブンのバイトは高校生でもできる?

高校生でもコンビニのバイトは可能

コンビニバイトと言えば、主婦、フリーター、学生が働いている印象です。

高校生でも働けるの?

現在高校生でバイトを探している人は気になりますよね。結論から言えば、高校生でもコンビニでバイトすることが可能です。

もちろん、高校生を雇うかどうかは雇用主の判断になります。ですが前掲したように、コンビニバイトは誰でもできるようマニュアル化されています。高校生でも雇ってもらえる可能性が高いバイトであることは間違いありません。

コンビニに限らず、高校生には働ける時間制限があります。「深夜」にあたる時間帯に高校生は働けないのです。この場合、国が定める「深夜」は22時から朝5時までになります。

深夜のコンビニバイトを探す高校生はいないかと思いますので問題ないでしょうが、一応、補足までに。

セブンのバイトの大変なところ

初めてコンビニバイトをするうえでの不安要素のひとつは、大変さがどの程度なのか見えないということです。そこで事前に理解できるよう、わたしの経験上、大変だったことをご紹介します。

覚えることが多い

通常レジに、宅配の受け付け、ゴルフの受け付け、切手の販売、チケットの発券、コピー機の扱い、公共料金の支払い受け付けなど、コンビニの業務内容は多岐にわたります。

コンビニはお客様から便利な分、バイトには幅広い分野の仕事が課せられます。ゴルフバッグの配送などの稀に来る注文が覚え辛いことが大変でした。

作業の同時並行が大変

業務内容でご紹介したとおり、コンビニバイトの仕事はレジだけではありません。基本的にレジをしながら、お客様が途切れた隙を見てほかの業務をこなします。

少人数体制が多いコンビニでは、レジから離れることはとても危険行為にあたります。大袈裟かもしれませんが、レジに誰もいない状態でお客様を待たせると、即クレームに繋がってしまう可能性があるからです。

そのため、コンビニバイトには臨機応変な対応力が求められるのも事実です。やってみると意外に大変ですよ。

コンビニ店員は舐められる

コンビニ店員は舐められます。誰にでもできる仕事がゆえか、しょせん「コンビニ店員だろ?」といった態度のお客様がいることも事実です。

もちろん優しいお客様も多いですよ。これからコンビニバイトを始める人は、ムカつく客のことは忘れて、この優しいお客様がいることを忘れないでいて欲しいです。

コンビニのバイトは楽しい?

コンビニバイトの大変さを紹介したからには、楽しさも紹介しないと、ですよね。結論から言えば、全部ひっくるめると楽しさの方が勝っていたバイトでした。

 

何がそんなに楽しいの?

 

そう聞かれるとそんなに大したことではないのですが、一緒に働くバイトが同世代になることが多いので、仲間と働く楽しさはあります。

少人数ということもあり、人間関係は悪くなることはほとんどなく、昼間のパートのおばちゃんたちにもよくしてもらいました。仕事ではかぶりませんが、たまに顔を合わせる機会はあったので。

逆に言えば、人間関係が良好なので、大変なことはそこまで大変に感じないというのが正しい表現でしょうか。

ぜひ、一度経験してみて下さい。

セブンのバイトを通してためになったこと

コンビニバイトを通してわかったことがあります。それは、わたしがコンビニバイトで成長したということです。誰にでもできるバイトであったり、でもやってみると大変なこともあったりと、様々な顔を持つのがコンビニバイトです。そんなコンビニだからこそ身に付いた能力をご紹介します。

臨機応変な対応力が身に付いた

コンビニバイトは状況判断が必要となるシーンが多いバイトです。そのため、臨機応変に立ち回る力が以前より高まりました。そうするとどんな利点があるのでしょうか。

  • 視野が広がり、多くに気付ける
  • ながら作業が上手になる

といったことが前よりも高いレベルでできるようになりました。

接客力が向上した

まず、バイトを始める前よりも会話が上達しました。会話が上達すると、スムーズに業務が行えるようになります。そこから、1歩先に進んで、気の利いたことも言えるようになりました。

そうすることで、お客様とのコミュニケーションが図れるので、お互いに気持ちよく応対することができるようになります。

幅広い知識が身に付いた

コンビニは便利な窓口でもあります。先ほどご紹介したように、様々な分野の仕事をすることによって、常識だったり、専門的なことだったりと知識は格段に増えます。

知識が増えれば自信にもつながりますし、色んな話題の会話にもついていけるようになり、社会での生きていく力に直結します。

コンビニバイトで廃棄は貰えるのか

お弁当などの廃棄商品が貰えるとか貰えないとか、コンビニバイトあるあるでよく聞く話じゃありませんか?

ひとむかし前はどうだったのか知りませんが、わたしが働いていたセブンでは廃棄品は貰えませんでした。もちろん欲しかったわけではありませんが。これはほかのコンビニも同様だと思います。

食品ロスの観点から見ればもったいない話ですが、衛生面から、また思わぬトラブルが起きるかもという観点から見れば致し方ありませんよね。

いないとは思いますが、コンビニの廃棄品を期待してコンビニバイトを選ぶようなことはやめておきましょう。

コンビニバイトの面接ってどんな感じ?

応募のしかた

求人サイトやフリーペーパーから探すものひとつの手ですが、コンビニの場合、店舗に求人の張り紙をしてあることがいまだに多いんです。

ですから、働きたいコンビニがあれば、直接足を運ぶのが一番理想的だと思います。

面接時の服装

服装は私服で大丈夫です。コンビニとはいえ、面接は面接なので、印象の悪い服装は避けた方が採用率は上がります。

例えば、ダメージジーンズ、金髪、ピアスなど、面接とわかっていてその状態で来るということは、舐めているという印象を持たれることは容易に想像できます。

どうしてもやりたいなら、採用されてから相談しましょう。

面接で聞かれること

面接で聞かれることは主にシフトのことです。印象が悪くなく、お店側とシフトの都合が合えば採用されたようなものです。

働ける曜日や時間帯は、なるべく可能な範囲で相手の希望に応じるといいでしょう。

面接で言ってはいけないこと

ここまでくればほとんど受かったみたいなものですが、うっかり発言をしてしまったら話は別です。

例えば面接で志望動機を聞かれる場合があります。その際に『楽そうだから』と素直すぎる発言をしちゃわないようにしましょう。

正直、コンビニバイトへの志望動機などあるはずがありません。そんな時は『客として利用したときに、いい印象を持ったから』と無難な回答をしておくのがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ここまでコンビニバイトについて網羅しておけば、初めてのバイトでも、不安はだいぶ軽減されるのではないでしょうか。

コンビニはどこにでもあります。そのため採用されるチャンスもいっぱいです。わたしが働いていたセブンは、超大手ですからおすすめですよ。

ぜひこの記事の内容を活かし、楽しいコンビニバイト生活をスタートさせてください。


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。