☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

ビットコインに興味があるなら【仮想通貨】関連のバイトをしながら学んじゃおう♩

ビットコイン関連のバイトが気になる!



昨年2017年、わずか1年で価値が20倍もに膨れ上がり注目を浴びたビットコイン(BTC)。

2017年後半から急騰し始め、12月中旬にはビットコインの価格はなんと220万円台にも跳ね上がりましたね。

ご存知のように、ビットコインは日本でも多くの人に支持されています。

出川哲朗さん出演のテレビCMでおなじみの仮想通貨取引所大手の「コインチェック」では、2017年12月単月の取扱高が自己資金による取引ベースで3兆円にも到達したそうですよ。
 


とはいえ、ビットコインに興味はあるけれど、手を出すのはちょっと怖いと思っている人もまだまだ多いかと思います。

実際、2018年1月に入り170万円台にまで下がったビットコインの価格は、2018年1月16日、たった1日で105万円まで下落してしまいました。

各国政府が仮想通貨に規制をかける動きに出ていることが、最大の原因のようです。

こうしたビットコインの価格の不安定な動きをみると、確かに素人にとっては手を出しずらいですよね。

ビットコインの概要については、池上さんがわかりやすく解説してくれている動画があるので、少し長くなりますが(16分)よかったらご覧ください。
 



ビットコインの最近の値動きについては、こちらのサイトが参考になります。(東洋経済オンライン

このようにとても複雑なビットコインですが、仮想通貨関連のバイトをすれば、堅実にお金を稼げる上に勉強にもなり一石二鳥だと思いませんか?

仮想通貨関連の仕事というと、専門知識を持った人が対象で正社員というイメージを持つかもしれません。

でも、意外にもアルバイトで気軽に始められる仕事がたくさんあります。

ビットコインに対する基本的な知識は必要なようですが、未経験から始められるバイトも少なくありません。

そこで今回は、ビットコインに興味があるあなたのために、オススメのアルバイトを詳しくご紹介していきますね!

実はいろいろある!仮想通貨関連のアルバイト

それではさっそく、未経験から始められる仮想通貨関連のバイトにはどんなものがあるのか、求人情報をいくつかご紹介していきますね。
 

仮想通貨に関する記事作成ライター

仮想通貨に関する記事を書くアルバイトは、在宅でできる案件がとても多いです。

専門的な知識がなくても大丈夫。

ビットコインなどに関する情報をインターネットなどから収集して、それを文章にまとめればいいのです♪

パソコンとインターネット接続環境さえ整っていれば、バイト経験がない高校生や大学生でも気軽に始められますよ。

もちろん、子育てや介護で忙しく外に出て働けない主婦にもオススメです。

(私も3人の子どもがいる主婦で、一番下はまだ2歳なので現在はライターのアルバイトを選びました♪)

報酬は会社によってまちまちですが、どこもたいてい完全出来高制で1文字あたり0.8円~1.2円ぐらいが相場です。

例えば1記事2,000字としたら、1,600円~2,400円となります。

2時間で1記事仕上げられるなら時給換算にして800円~1,200円となり、一般的なアルバイトの時給相場とかわりません。

ただし、情報収集に時間がかかったり、文章の校正などに手間取ったりしているとあっという間に3~4時間たってしまうことも多く、時給換算にするとかなり低くなってしまうので注意。

自分の場合は、情報収集をしているとのめり込んでしまうタチなので、それだけで数時間費やしてしまうことも少なくありません…。

ですから、情報収集の時間は自分のプライベートの時間と割り切れる人には本当にオススメの仕事です。

また、仮想通貨に興味があってその情報収集が苦にならない人、文章を書くことが好きな人、タイピングが得意な人にも向いていると思いますよ。

具体的な求人例は、詳しくはこちらをご覧ください。(アルバイトEX


仮想通貨関連のライターの求人は、WEBメディアなどの企画・制作会社でも募集しています。

こちらは在宅とは違い時給制で、相場は1,000円~1,500円と高めです。

記事の編集なども行うので、将来編集者になりたいと考えている学生さんにもオススメ。

例えば、東京渋谷駅より徒歩約10分のところにある株式会社「アラン・プロダクツ」では、週3日、1日5時間以上働けるライター・編集スタッフを募集しています。

時給は1,000円スタートで、交通費一部支給。

最低限のライティングスキルと、基本的なPCタイピングスキルがあれば実務経験不要です。

高校生は不可となりますが、大学生、二部学生、主婦(夫)、留学生歓迎で、髪色、ピアス、ネイル、ヒゲも自由とのこと。

詳しい求人情報はこちらをご覧ください。(アルバイトEX


仮想通貨取引所の事務スタッフ

仮想通貨取引所の事務スタッフバイトは、時給相場が1,200円前後

在宅ライターよりも安定収入が得られ、快適なオフィスで働けるのが魅力です。

例えば、東京五反田駅より歩いて8分ほどのところにある「ビットバンク株式会社」では、週5日、10時から19時のフルタイムで働けるアルバイトスタッフを募集しています。

時給は1,200円で、交通費は全額支給。

仕事内容は、マニュアルに沿って新規口座をお申込んだお客さんの情報を確認したり、利用ユーザーからの問い合わせにメールで対応したりします。

オフィスワーク未経験でもかんたんなPC操作ができればOKで、学歴不問、フリーター、主婦(夫)、二部学生歓迎です。

仮想通貨取引所というと、規則が厳しそうなお堅いイメージがありますが、髪色、ピアス、ネイル、ヒゲすべて自由なのですよ♪

詳しい求人情報はこちらをご覧ください。(アルバイトEX

派遣会社に登録して、仮想通貨関連のバイトを見つけるという手もありますよ。

オフィスワークに特化した派遣会社の「キャリアリンク株式会社」では、GMOインターネットグループ会社『GMOコイン』の申し込みチェック業務バイトを募集しています。

時給は1,300円で、勤務条件は週3日、1日8時間以上です。

高卒以上で、フリーター、主婦(夫)歓迎。

具体的な仕事の内容は、ビットコインの口座開設申込に関する事務やPC上の口座申込データと本人確認のデータに間違いがないかの精査、口座開設者に送る郵便物の封入などになります。

詳しい求人情報は、こちらをご覧ください。(アルバイトEX

こうして仮想通貨関連のバイト求人を見てみると、在宅ライターの場合は高校生もOK、それ以外ではだいたい高卒以上になっていますが、いずれも未経験から気軽に始められる仕事が多いことがお分かりになるでしょう。

ファッションも自由という職場ばかりなので、アルバイトのためにいつもの髪色やネイルを変えたくないという人にも都合よく働くことができますね。

ビットコインの基礎知識

仮想通貨関連の記事を書くライターバイトをするにせよ、仮想通貨取引所で事務バイトをするにせよ、ビットコインに関する最低限の知識はないと困るでしょう。


そこで最後に、ビットコインに関する基礎知識をいくつかご紹介しますね。

もしまだ詳しく知らないという方は、ぜひご一読を!
 

仮想通貨取引所・販売所

取引所や販売所は、銀行のような役割を果たす機関です。

ここで、円やドルなどの通貨とビットコインを交換することができます。

取引所・販売所の大手といえば、「Bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」「KRAKEN(クラーケン)」「Quoine」「coincheck(コインチェック)」が有名ですよね。

取引所と販売所との違いは、前者が仮想通貨を売りたい人と買いたい人のマッチングを行うのに足して、販売所は会社保有の仮想通貨を販売します。

販売所は取引所に併設されている場合が多いようですが、手数料は販売所よりも取引所の方が安くなっています。
 

ビットコインの購入方法

ビットコインを購入するためには、まず取引所・販売所で口座(アカウント)を登録する必要があります。

とはいえ、登録はメールアドレス、電話番号さえあればすぐ発行できます。

お好みの取引所・販売所の公式サイトでアカウントを作成すれば、同時に口座も開けるのでテマはかかりません。

支払いはクレジットカートでも銀行振り込みでも、どちらでも可能。

クレジットカードを利用する場合には、併せて本人確認書類の提出が必要です。
 

仮想通貨にはビットコインのほかに何がある?

そもそも仮想通貨というのは、インターネット上で流通しているヴァーチャルな通貨のこと。

ビットコインのほかにも、リップル、イーサリアム、ライトコイン、ヴァージなど600種類以上もの通貨が存在しています。

いずれもインターネットを通して商品や不動産、サービスの支払いなどに使用することができ、取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換することが可能です。

ビットコインが使えるお店はたくさんありますが、中でもDMM.comやTouch.mall、ビットコインモールなどが知られています。

とはいえ、ビットコインは投資目的で購入する人が大半でしょうから、あえて支払いに使用する人は少ないかもしれませんね。

ところで、なぜ数ある仮想通貨の中でもビットコインが特に注目を集めているのでしょうか?

それは、「ブロックチェーン」と呼ばれるビットコインのシステムにあるそうです。

ビットコインの取引データをユーザー同士で管理しあえて、誰もがそれを確認することができます。

こうした優れたシステムが人気を呼んでメディアにも取り上げられ、さらに人気に拍車をかけたようです。


ビットコインの規制について

これまでは規制がなく自由に売買されてきたビットコインですが、去年あたりから各国で規制強化の動きが相次いでいると報じられていますよね。

2018年1月のビットコインの大暴落は、中国や韓国の規制強化によるものと見られています。

ドイツ、フランスもまた、2018年3月には主要20か国・地域(G20)財務省・中央銀行総裁会議で国際的な規制を提案する見通しとのこと。

ところで、ビットコインの規制というのは具体的にはどんなものなのでしょうか?

例えば、仮想通貨の取引所を認可制にする、手数料なしでの取引を禁止する、ビットコインを使った資金調達を凍結する、公的金融機関による扱いに制限をかける、外資としてのビットコインの売買を禁止する、などがさまざまな規制があります。

なぜこのように規制をかけるのかというと、ビットコインを使ったマネーロンダリングや詐欺などの犯罪が急増したためと、投機リスクを回避するためのようです。

各国の詳しい規制については、こちらの記事を参考にどうぞ。

(東京新聞 TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201801/CK2018011802000151.html

ビットコインに興味があるならさっそくバイトしてみては?

ビットコイン関連のアルバイトや、その基礎知識をほんの少しだけご紹介しました。


各国がビットコインに対して規制強化に乗り出しているせいで、「ビットコインも終わり?」とか、「ビットコインなんてもう利用価値亡くなるのでは…」といったうわさも飛び交うようになっています。

とはいえ、ビットコインに対する信頼は世界的にもまだまだ厚く、活発に取引されています。

金や貨幣も最初は信用されていなかったのに、いまでは価値があるものとして通用しているのだから、ビットコインも同じと期待している人が多いようです。

もうすでにビットコインについて詳しい方や、これからもっともっとビットコインについて学びたい方は、ぜひその知識や興味を活かして、仮想通貨関連のバイトを始めてみてはいかがでしょうか?

特に在宅ライターなら、学業や家事、育児の合間にも仮想通貨について学びながらサクっと稼げますよ♪

wasante

先日インフルB型にかかってしまいましたが、発熱の翌朝すぐに病院で注入薬をもらったので高熱は2日ですみました…。

B型の方が少し軽いようですね。予防接種をしたのにかかってしまう人もいるようなので、みなさんもくれぐれもお気をつけて!