☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

これだけで完璧!初めてのアルバイト簡単ガイド 大切なのは1つだけ。



初めてのアルバイト、何をどうしていのかさっぱりわかりませんよね。

考えれば考えるほど緊張しますし、「失敗したらどうしよう?!」とか、ネガティブなことばかり浮かんできます。

 

でも大丈夫!

今回は、初めてのアルバイト簡単ガイドということで、応募から仕事に慣れるまで、徹底的に解説します。

 

誰でも初めてのアルバイトは緊張するものです。

採用担当者もそれはわかっていますし、「鬼」ではありませんから大丈夫ですよ。

 

人の足りない現場では、初めてでも、まじめに働いてくれる人が一日も早く来てくれることを願っているものです。

あなたも「歓迎」されます!

 

今回は、履歴書の書き方や面接について、採用担当経験者が詳しく説明します。

さらに、失敗談も解説を交えながら、対処法を掲載。

これさえ読めば、初めてのアルバイトも怖くない!

 

初めてのアルバイトの選び方も、バイト経験30件以上のベテランが「おすすめバイト」を紹介

初めてのアルバイトも安心です!

 

初めてのアルバイト、応募ってどうやってするの?

まずは応募から。

ネットで検索したり、無料のアルバイトマガジンで探したり、店頭に貼ってある「アルバイト募集」のお知らせを見たり、方法はいろいろ。

 

ネットで検索するならバイトルがオススメです。

アルバイトを探すときのコツは、「目的」をはっきりさせることです。

収入が目的なのか、それほど収入は多くなくても楽なのがいいのか、社会勉強が目的なのか、好きな仕事を体験したいのかなど、なんのためにアルバイトをするのかという「目的」をはっきりさせておくこと。

しっかりと「目的」を決めておくと、ブレずに探すことができます。 

応募はネットから直接できます。

最近ではネットからの応募で履歴書がいらないものもありますので、応募はネットがおすすめです。

 

電話での応募は、やはり面接と同じである程度「常識」などをみられます

リスクを減らすならネット応募がいいでしょう。
 

電話での応募方法

電話で応募するなら、準備が必要です。

電話での応募の場合、やはりある程度のリスクはあります。

ため口や電話での応対が極端に悪いと、その場で「不採用」ということも実際にあります。

これはよほど常識はずれな場合に限ります。

 

電話例

「もしもし。お忙しいところを大変失礼いたします。○○を拝見してお電話いたしました。アルバイトに応募したいのですが、どうすればいいでしょうか」

採用担当者は、アルバイトの応募の電話は大歓迎です。

いつも応募の電話を待っているといっても過言ではありません。

なので、忙しくても大丈夫です。

遠慮なくかけてください。

ただし、「お忙しいところを大変失礼いたします」などの言葉は、必ず言うようにしましょう。

これは常識の範囲だからです。

基本的に、履歴書でも面接でも、一番に見られるのは「常識」です。

常識はずれなことがないように心がけてください。

「アルバイトに応募したいのですが、どうすればいいでしょうか」は「アルバイトの募集はまだやっていますか?」などでもかまいません。

 

電話で聞かれることは、あらかじめ予想して答えを準備しておきましょう。

  1. 氏名
  2. 住所
  3. 年齢
  4. アルバイト経験
  5. 都合のいい面接日時
  6. 携帯電話など連絡先

これくらいは、必ずメモに書いてすぐに応えられるようにしておきましょう。

アルバイト経験は、正直にはじめてであることを伝えてください。

緊張して言葉が詰まったり、おかしな文法やおかしな敬語になるのは問題ありませんが、ため口には気を付けましょう

 

また、なにか聞いておくことがあればメモにまとめておきましょう。

「聞きたいことがあったのに忘れちゃいました」というのはあまり印象がよくありません。

 

電話で応募のポイント

  • 聞かれることを予想して答えを用意しておく
  • 聞きたいことをまとめておく
  • 常識外れにならないように注意する
  • 暗いのはダメです。明るい声で元気よく話しましょう

初めてのアルバイト、履歴書はこう書け!

履歴書だからといって、手書きにこだわる必要はありません

現在は入力して印刷できるようなサイトがたくさんあるので、そうしたサイトを利用して、訂正のない綺麗な履歴書を提出しましょう

 

履歴書の書き方でまず大切なのは「丁寧に書く」ということ。

字が下手なのは構いませんが、丁寧に書きましょう。

 

訂正はしないこと。

修正テープも訂正印も不可。

間違えたら新しい用紙を使って書き直してください

 

年号はそろえる

平成などの年号と西暦が混ざらないように、どちらかに統一しましょう。

 

学歴は、あなたが高校生なら「小学校卒業」から。

大学生以上なら「中学校卒業」から書くようにしましょう。

初めてのアルバイトですから、「職歴」はいりませんね。

 

志望動機の欄で見られることは、「この店で長く続けてくれるかどうか」です。

採用したはいいが、次の日から来ないとか、一週間で来なくなったとか、一ヶ月で辞められたとなっては、募集にかけた経費がすべて無駄になります。

そのため、採用したら、長く勤めてほしいのです。

ですから、志望動機の欄で書くのは3つの要素。

 

①仕事の内容が自分にあっていること

②同業他社ではなく、この店にした理由はなにか

③ほかの支店ではなく、この支店にした理由はなにか

 

「昔から人と話すのが好きで、接客の仕事がしたいと思っていました。(仕事があっている

他のコンビニと比べて、セブンイレブンは商品も多く、サービスも充実しているのが魅了で、コンビニで働くならセブンイレブンと決めていました。(同業他社でない理由

駅前の店舗より、こちらの方が学校から近く、通勤にも便利で長く働けると思い、こちらを志望しました。(他支店でない理由)」

 

また、その他「希望」「趣味」などの欄も、すべて埋めて空白、空欄のないようにしましょう。

 

写真は使いまわさず必ず新しいものを撮影すること。

高校生なら制服で、それ以外はスーツで写すようにしてください。

写真の裏には、剥がれてもわかるように名前と住所を書いておきましょう

初めてのアルバイト、面接はどうする?!

服装はどうする?!

服装は、高校生なら学生服で。

大学生以上ならスーツで。

これが「常識」です。

スーツを着ていく必要なんてない面接もたくさんありますが、スーツで行けば、服装での不採用はありません

リスクを減らす意味でも、制服かスーツが無難です。
 

遅刻したらどうする?

面接でもっとも重要なのは「遅刻しない」ということ

ただし、意外と遅刻は多いのです!

その理由は緊張して時間を間違えたとか、道を間違えたとか「緊張」に原因があります。

 

採用担当者は、そのことをよく知っているので、5分や10分の「遅刻」自体にとやかくは言いません。(1時間とか2時間は問題外)

問題は、対応です。

 

遅刻すると分かった時点で、きちんと「連絡」できるかどうかは、厳しい目で見られます。

これは採用して働きだしてからも同じだからです。

失敗したときに「報告、連絡、相談」がしっかりできるかを見るいい機会になるのです。

 

高度なテクニックになると、わざと遅刻して神対応を見せ、採用を狙うということもあり得ます。(もちろんよい子のみなさんはそんなことはしないでね)

 

なので、きちんと電話して「すみません。緊張して道を間違えてしまいました。15分ほど遅れそうなんですが、どうしたらいいでしょうか」などと聞いてください。

 

「15分遅れるのであれば、面接はまた後日」ということもあります。

 

このときも、正確な時間を伝えるようにしましょう。

本当は15分くらいかかりそうなのに、「5分でつきます!!」などというのは控えてください

採用担当者も、ほかに仕事があるので、待たされると効率が悪いのです。

15分かかるところを5分で着きますという人は、ほぼ採用は難しいでしょう。

理由は、「人の時間を大切にしないから」です。

人の時間を大切にしない人は仕事では認められません

 

入室の仕方は?

面接ではまず「本日、面接のお約束をさせていただいている○○と申します」と名乗ってください。

面接室では、ノックして呼ばれるまで待ちます。

呼ばれたら「失礼します」とはっきりといい、扉を開けて入ります。

扉を閉めたら一礼し、イスの扉から近い側に立ちます。

昔は「椅子の左側に立つ」といいましたが、最近は「扉から近い方に立つ」のが一般的です。

 

「お掛けください」などと言われてから座りましょう。

 

面接では「常識」を見られますので、緊張して先に座ってしまった場合、「先に座ってしまって申し訳ありません」などと断っておけば問題ありません

 

面接で聞かれることは?

面接で聞かれる内容も、しっかりと予想して対策しておきましょう。

 

面接で聞かれる6つの質問

①当社を選んだ理由

②これまでの仕事経験

③退職の理由

④自己PR、長所、短所

⑤入社したらどんな仕事がしたいか

⑥何か質問はありますか

 

これらの質問には、意図があります。

その意図をくみ取って答えるようにしましょう。

 

①「当社を選んだ理由」の意図は、

「どれくらい本気でうちで働きたいの?」 
「どうせすぐ辞めるんじゃないの?」 
「ほかにいいと思ってるとこあるんじゃないの?」

です。

なので、履歴書の志望動機と同じように、「仕事内容があっていること」「同業他社ではダメなこと」「他店舗でもダメなこと」をアピールしましょう。

 

②「これまでの仕事経験」の意図は、

「どういった仕事を経験していて、うちの会社でも使えるかどうかということが知りたい」

です。

初めてのアルバイトですので、「仕事の経験はありません」でいいでしょう。

ただし、「クラブ活動ではサッカー部に所属していて、チームワークの大切さは幼いころから学んでいます」などと付け足すといいでしょう。

どちらにせよ「初めて」と伝えたら「クラブ活動」などについて聞かれます

クラブの経験がない場合でも、仕事の適性をアピールしてください。

たとえば、接客業なら「人と会話するのは大好きです」とか、工場勤務なら「一人でもくもくとするタイプです」など、その仕事にあった自分の特徴をアピールしてください。

何も見つからない場合、「クラブ活動の経験もありませんが、小さいころからこの仕事に憧れており、真剣に挑戦してみたいと思っています」など、いかにその仕事がしたいかを伝えてもいいでしょう。

 

③「退職の理由」の意図は

「すぐに辞めないかどうか」を聞かれています。

退職したことはないでしょうが、クラブを途中で辞めていないかなどは聞かれるかもしれません。

「勉強を優先したので」など、正当な理由であれば問題はありません。

その場合、勉強よりバイトを優先した理由も聞かれるので、「将来のことを考えて」など返答を考えておきましょう。

 

④「自己PR、長所、短所」の意図は、「しっかり仕事ができるかどうか」を聞かれています。

②と同じように、仕事の適性にあった長所をアピールするようにしましょう。

接客なのに「短所は話が苦手なことです」などと言わないように

 

⑤「入社したらどんな仕事がしたいか」の意図は、「長く働いてくれるか。どこまで本気か」を聞かれています。

「どれくらいうちの会社を知っているの?」「うちの会社の力を入れていることわかってる?」ということ。

きちんと会社の情報を調べておきましょう。

 

⑥「何か質問はありますか」の意図は、「自分で仕事ができるかどうか」を見られています。

「ありません」と答えるより、なにか質問した方がいいでしょう。

「私がこちらで働くとすれば、いつからになりますか?」
「こちらにお世話になるまでの間に勉強しておくことはありますか?」
など、もう働くことを前提に2つほど質問するのがいい
でしょう。

 

休日や条件について、質問して納得しておくことも重要です。

ただし、あまり細かくしつこいと印象はよくありません。

初めてのアルバイト、みんな初日はどうしてるの?

遅刻はするな!

採用が決まり、いざ初日となると、緊張もピークです。

初日に遅刻することも、やはりよくあることなのであまり気にすることはありません。

(原則遅刻は絶対ダメです! でも、絶対ダメ! と思っていると眠れなったりして結局しちゃうんですよね)

これも面接に遅刻したときと同じように、「対応」が大切。

ポイントは

・すぐに連絡すること

・何時につけるか正確な時間を伝えること(嘘つかない)

ということ。

 

では、初日は何時につけばいいのでしょうか。

「8時に来てください」と言われたら15~10分前につくようにするのがいいでしょう。

あまり早すぎると迷惑になることもあります。

遅すぎてギリギリでは印象がよくありません。

 

挨拶は元気よく、笑顔で。

これは最も重要な部分です。

どんなバイトでも、人間関係を良好に保つのが重要。

そのためには、まず元気な挨拶と笑顔が必須です。

笑顔の人を攻撃対象にすることは普通はありませんが、「ブスっとした顔」はすぐに攻撃対象になります。

 

仕事はメモれ!

初めてのアルバイトでは見るもの聞くものすべてが新鮮でしょう。

初日から仕事を覚えるのは無理です。

長くやっていればいやでも覚えますから、緊張する必要はありません。

ただし、先輩に言われたことはきちんとメモを取りましょう

 

その際に、「なんのためにしているのか」をきちんと把握しておきましょう

先輩に「それはなんのためですか?」などと聞くと「いいから覚えて」と言われることもあります。

 

ただ、仕事を進めていくうえで、「それはなんのためにしているのか」を把握することはものすごく大切です。

これを意識して仕事に慣れてくるとわかってくるようになります。

そうすると「無駄」な仕事がたくさんあることがわかるでしょう。

それが改善につながっていきます。

 

初日にメモを取るのはすごく大切です。

できれば、家に帰ってからメモをまとめなおして復習しておきましょう

初めてのアルバイト失敗談!

パターン① ものを壊す

「はじめてのバイトでお皿を落として割ってしまいました!」

「お客様の背中に醤油をぶちまけてしまいました」

「お米の入った器をひっくり返してしまいました」

 

パターン② いい間違え

「シェイク20個注文のお客様に店内でお召し上がりですかと聞いてしまった」

「お疲れさまと言われてさようならとかえしてしまった」

 

パターン③ レジうち間違え

「初日から過不足を出してしまい叱られた」

「レジの上に置いた1万円をしまい忘れた」

「レシートと領収書を渡してしまった」

「額を間違ってうってしまった」

 

このように、初めてのアルバイトには失敗はつきものです。

とくに緊張すればするほど失敗につながります。

なので、リラックスしてやりましょう!

 

めちゃくちゃ叱られて泣いたという失敗談もたくさんありましたが、その後は「もう二度と失敗しない!」と徹底して仕事を覚えるようになるとのこと。

きつく叱られるのも無駄ではありませんね。

 

また、「先輩や店長がやさしくフォローしてくれて恩返しがしたい」という意見もたくさんありました。

「最初は誰でも失敗するものだから」と店長に言われて安心したなどの話もたくさんありました。

 

叱られたらそれをバネにして、フォローされたら恩返しです。

初めてのアルバイト、おすすめはなに?

楽したいならこれ!

ゲームセンターのスタッフやカラオケ店のスタッフは楽だといわれています。

ネットカフェの深夜帯や、交通量検査、セルフスタンドのスタッフなども。
 

稼ぐならこれ!

体力に自信があるならイベントスタッフがオススメ!

資材搬入でもいいでしょう。

どちらも日給2万円以上が可能

めちゃくちゃしんどいですが稼げます!

 

体力に自信がない方は「コールセンター」がおすすめ。

注文を電話で聞くだけの仕事ですが、時給は1500円以上の高時給。

 

社会経験したいならこれ!

社会経験したいなら「コンビニバイト」です!

コンビニバイトでは、仕事がめちゃくちゃたくさんあります。

接客も、レジ打ちも、業者とのやり取りも、掃除も、さらにクーポンや配送なども。

イートインコーナーがあったり、キッチンがあるコンビニもあります。

それぞれのマナーも学べて、いろいろな業種に接することができます。

やる気があれば商品管理や経営も学べます!

社会経験したいならコンビニで決まりです!

 

これらのバイトは、高校生不可の場合もありますので、確認してから応募しましょう。


 

まとめ

今回は、「初めてのアルバイト」ということで詳しく見てきました。

初めては緊張するものです。

緊張しても大丈夫。

 

ポイントは、「相手のためにできることを精一杯すること」

これは上司に対しても、先輩に対しても、同僚や後輩に対しても、お客様に対しても同じ

 

「相手のためにできることを精一杯する」

 

これだけをしっかりと覚えてくれていれば、初めてのアルバイトも大丈夫です!

天笠 多菜葉

「最近のガンプラは複雑すぎて途中挫折」