☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

コンビニでバイトするならミニストップ!

はじめに

先日、久しぶりにミニストップに行きました。

なぜ久しぶりかというと、私の住んでいる地域にはミニストップがないから。

私が住んでいる地域には、

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート

はありますが、ミニストップはありません。

そのためか、ミニストップにちょっとした憧れを抱いています。

冷静に考えれば、他のコンビニと取り扱っているものは同じかもしれませんが、
ミニストップのものだと思うと、ソフトクリームもホットドックも美味しく感じてしまう。

ミニストップというコンビニを選択できる地域って都会なんじゃないかって、
勝手な偏見もあるくらいです。

地元にあるコンビニだと、バイト先としては定番です。

でも、ミニストップはちょっと特別。

今現在では、住んでいる地域でバイトしたくても、バイト出来ませんから。

そこで、今回はミニストップのバイトについて、詳しく調べてみたいと思います。

ミニストップのバイトの仕事内容

ミニストップのバイトの仕事はどのようなものでしょうか?

コンビニのアルバイトの仕事は多岐にわたりますが、
主な仕事は4つあります。
 

①レジ業務


 ミノストップに限らず、コンビニのバイトの仕事の基本はレジ業務です。
 レジ操作は覚えるまでは大変ですが、きちんとマニュアルもあるし、
 困ったときにも、先輩や同僚がフォローしてくれるので大丈夫です。
 レジ業務未経験の人でも始めやすいバイトだと言えます。

 コンビニは時間のないお客さんも多く来店するので、
 つい黙々としかめっ面で作業をしがちです。
 てきぱきな身のこなしも大切ですが、笑顔を忘れないようにしましょう!
 

②ファーストフード調理


 ミニストップはファーストフードが豊富ですよね。
 いつでも出来立てを販売できるように、バイトも調理を担当します。
 調理といっても、難しい作業はありません。
 マニュアルもあるので、料理が苦手な人でも心配いりません。
 
 以前、新人らしきバイトの人が、ソフトクリームを作る練習をしているのを見かけました。
 難しそうに見えるソフトクリーム作りも、練習させてもらえるなら安心ですね。
 

③品出し


 品出しとは、お店に入荷した商品を、バックヤードや商品棚に補充する仕事です。
 特に、売れ筋の商品や、お弁当など入れ替わりの激しい商品は、
 頻繁な品出しの必要があります。
 お弁当1つ1つは軽いですが、お弁当が入ってくる箱ごと持ち上げると重いので、
 コンビニの仕事の中では一番の力仕事になります。
 商品を陳列する時にも、ただ並べるだけでなく、賞味期限などをチェックします。
 気を使うこともある作業ですが、新作の商品をいち早くチェックできる楽しみもあります。
 

④清掃

 
 店内の床やトイレ、駐車場の清掃をします。
 そのほかにも、窓ふきやごみ箱の処理なども交替で行います。
 ミニストップは24時間営業なので、営業終了後にみんなで一斉に掃除をすることができません。
 そのため、接客や品出しなど、他の仕事の合間をみて、気になるところを清掃していきます。


仕事の内容は、他のコンビニとは大きく変わりませんね。
ただ、店内調理のファーストフードが充実している分、
調理の割合が少し高いかもしれません。
ただ、バイトする時間帯にもよるので、必ず調理するとも限りません。 

ミニストップでのバイトの時給は?

ミニストップの求人を見てみると、

・平均時給・・・780~1000円位
・早朝・深夜は高め
・昇給有り

ミニストップのバイトの時給は、店舗や時間によっても異なりますが、
平均で780円~1000くらいです。
早朝や深夜の時間帯には、日中の勤務に比べると時給が高め。
しっかりと稼ぎたい場合には、早朝・深夜の時間帯がねらい目です。

長期のアルバイトには、昇給がある店舗もあります。

ミニストップのバイトでの身だしなみは?

コンビニは食品を扱うお店なので、清潔感のある身だしなみが大事になります。

ミニストップのバイトでは、どのような点に注意をしたらよいのでしょうか?

ミニストップには、バイト向けに「身だしなみマニュアル」があります。
これらのルールを守って身だしなみを整えて、気持ちよく働けるようにしましょう!

身だしなみのチェックポイントは3つ

1.アクセサリー禁止

 ピアス、ネックレス、指輪などのアクセサリーは一切禁止のようです。
 「じゃ、透明のピアスならいいんじゃないの?」
 と思う人もいるかもしれませんが、透明のピアスもNG。
 バイト中は、アクセサリーを身に付けないようにしましょう。

2.制服着用

 ミニストップのアルバイトには、青色をイチョウとしたユニフォーム&帽子が貸与されます。
 制服の貸与があれば、毎日何を着て行こうか悩まないのでとても楽ですよね。
 調理の揚げ物をした場合にも、私服に匂いがつく心配もありません。
 ただ、制服はきちんと着てこそ清潔感が出ます。
 着崩したりせず、きちんと着用しましょう。

3.髪色はなるべく黒い方がいい

 店舗にもよりますが、金髪はNGのお店が多いです。
 髪の色も茶髪よりは、黒に近い落ち着いた色が好ましいとされています。
 以前は髪型自由なんてコンビニもありましたが、
 接客業で飲食物を扱うので、今は髪型自由は少ないようです。
 ただ、オーナーによっては、「事情によっては髪の色は考慮する」なんてこともあるので、
 詳しくは応募する店舗に確認してみましょう。

ミニストップのバイトのメリットは?

せっかくバイトするなら、メリットが多いバイトがいいですよね。

ミニストップのバイトのメリットをみていきましょう!

ミニストップのバイトには、次のようなメリットがあります。


①自由シフト制・選べる時間帯
 
 ミニストップのアルバイトは自由シフト制です。
 そのため、自分のライフスタイルに合わせた働き方が出来ます。

 また、24時間営業の特性を生かして、朝、昼、夕方、深夜、と働く時間帯を選ぶことも出出ます。
 学校に通っている学生や、育児中の主婦など、バイトと私生活を両立したい人には
 ぴったりです。

②接客スキルがつく

 ミニストップのアルバイトは、接客が主な仕事になります。
 そのため、日々仕事をしていくことで、接客スキルやマナーが身に付きます。
 また、レジの取り扱いにも慣れることが出来ます。
 沢山のお客さんを接客するうちに、コミュニケーション力も養われるし、
 沢山の商品を扱っているので、流通している様々な商品についても詳しくなります。

③交通費全額支給率が高い

 ミニストップのバイトは、待遇面で交通費が全額支給の店舗が多いです。
 電車やバスで通勤する人にとっては、交通費が全額支給されるのは嬉しいですよね。
 電車やバス通勤が不便な地域でも、お店によって自家用車やバイク通勤が可能な店舗も多いので、応募したい店舗の募集要項を確認してみましょう。

ミニストップのバイトのデメリット

ミニストップのバイトのデメリットをみていきましょう。

①ファーストフートの仕事が多い

 お客さんにとって、出来立てのファーストフードの取り扱いがあるのは魅力です。
 しかし、働く方にとっては、その分、他のコンビニよりも仕事が増えます。

 ファーストフードの取り扱いが多いことで、
 調理する量も多く、イートインスペースの清掃の頻度も多くなります。

 イートインスペースは混む時間帯があるので、常に掃除をしなければならないわけではありませんが、ファーストフードの充実分はそちらの仕事が多くなります。

②バイト中のおしゃれを楽しめない

 ミニストップのバイトは制服着用で、アクセサリーが禁止です。
 そのため、バイト中もおしゃれを楽しみたい人には物足りないかもしれません。

 調理の作業があるため、バイト中は帽子も着用になります。
 そのため、髪型でおしゃれを楽しむのも厳しい。

 おしゃれはバイトが終わってからにしましょう。

ミニストップのバイト 1日の流れ

時間帯によって仕事の内容も少し変わってきます。

希望する時間帯では、どのような仕事をするか知りたいと思いませんか?

ここでは、ミニストップのバイトの1日の流れを見ていきましょう。
 

早朝


早朝は来店するお客さんが少ないので、店内の清掃や、商品棚の整理がメインの仕事になります。

朝に売れる「おにぎり」「パン」「雑誌」などを重点的に補充します。

商品棚の整理が終わったら、ファーストフードの作り置きもしておきます。

早朝は、時給が高い時間帯なので、朝が得意な人は働きやすくて、稼げる時間帯になります。
 


朝は、学生や会社員など、来店が増える時間帯です。

みんな学校や会社に合わせて来店するので、朝の数時間はかなり混みます。

そのため、朝の混雑時には、レジ業務がメインの仕事になります。

朝のピークが過ぎてから、お昼用のファーストフードの作り置きをしたり、
お昼ご飯に売れるお弁当などの補充を行います。
 


お昼は、学生も会社員も同じ時間に昼休みになるので、一気に混み合います。

色々なお客さんが一斉に来るので、売れる商品の種類も多く、
お弁当を買う人も多いので、レジ打ちをしながらレンジでお弁当を温めたりと、
一日の中でも一番忙しい時間です。

しかし、お昼のピークは12時から13時。
この短い時間を乗り切れれば、あとはぐっと来客も減り、落ち着きます。

来客のピーク時のレジ業務が終わったら、お弁当やドリンクの棚をチェックして、
減っている商品を補充。
在庫のないものは発注します。
 

夕方


学校帰りの学生や、仕事帰りの会社員が買い物にくる時間帯です。
おにぎりやお弁当よりも、手軽に食べられるファーストフードやお菓子がよく売れます。

夜までに商品がなくならないように、ファーストフードのストックを用意するのが夕方の仕事です。

夕方になると、夜のお弁当屋お惣菜が入荷するので、
棚に陳列して、夜に商品切れがないように備えます。
 


夜は色々なお客さんが来ます。
そのため、売れるものも様々です。

夕飯のお弁当やカップ麺などを買いに来る人もいれば、
お菓子や漫画、お酒を買う人もいます。

その他、急に必要になった日用品や雑貨を買いに来る人も多い時間帯です。

この時間は、色々な商品が売れるので、お店全体の商品棚をチェックして、
乱れていないか注意します。
 

深夜


深夜になると来店もまばらです。

そのため、レジ業務よりも、夜までに売れた商品の補充や、在庫チェックの作業が主な仕事になります。

また、深夜に入荷する商品もあるので、届いた商品の品出しをします。

深夜の時間帯も、時給が高くなるので、夜でもバリバリ働ける人にはおススメの時間帯です。

ミニストップで働く人の口コミ

ミニストップでは、幅広い世代のアルバイトを歓迎しています。

高校生はもちろん、主婦やシニア世代も活躍しています。

今ではコンビニと言えば見掛ける留学生のもちろん、ダブルワークも可能です。

色々な環境の人が働けるのも、ミニストップが働きやすいバイトだから。

実際にアルバイトしてみた口コミをみてみましょう!

<高校生>

初アルバイトでもすぐに馴染めた理由

高校生だったので初めてのアルバイトでした。ソフトクリームを巻けるか不安でしたが、そこは難なくクリアできました!先輩が「ちょっと見てな!」と見本を見せてくれたりしたので、練習してコツをつかんでからは得意な仕事になりました。世話好きな先輩たちばかりで、すぐに安心して働けるようになりました。あとはアルバイトに入るときに、しっかり仕事の引き継ぎがあること、その日にすることが「ワークスケジュール」を見れば一目でわかることも、全体感をつかむことができて戸惑いなく仕事できました!


<主婦>

子どもとの時間が何よりも大切、それを周囲が応援してくれています

子どもが幼稚園に入園したときに、家計の足しにしたいと思いパートを探しました。その時の条件は、家の近く、子どもが帰ってくる前までの短時間勤務、平日のみ、長期休みも相談したい…と、かなりの条件付きでした。だからそんな職場が見つかったときは感激でした。面接の際、店長にも包み隠さずお伝えしましたが、ご理解いただけましたし、一緒の時間帯に働く先輩主婦スタッフの方々も「子どもが小さいときはできるだけ一緒にいた方がいいよ」と応援してくれています。だからこそ、4年間も続けられているんだと思います。


<留学生>

日本の文化が学べる場

日本のコンビニは、僕の母国であるミャンマーに比べてもとても便利だと働いて感じました。商品ラインアップの多さや仕組み・運営方法に驚きもたくさんありました。また、明るく丁寧にあいさつする事を徹底することや、レジでお客さまをお待たせしないということが当たり前であることは日本のおもてなし、日本ならではの接客だとその凄さに気づきました。私は日本の生活や文化に触れることができる、このアルバイトが好きですね!


《引用元》 https://ministop-arbeit.jp/

どんな世代の人も、アルバイトと私生活を上手く両立していることがわかります。
それぞれの条件にあわせて、上手にスケジュールを組んで働けることがわかります。

ミニストップのバイトの口コミも見られるこの公式サイトでは、
ミニストップ全国のアルバイト求人情報もチェックできます。

ミニストップのアルバイトの特徴もわかるので、興味があれば一度覗いてみてください。

まとめ

ミニストップのバイトの仕事についてご紹介してきました。

他のコンビニと大体同じですが、店内調理がある部分が特徴的ですね。

店内調理がある分、大変と思う人もいるかと思いますが、
コンビニのバイトで調理を出来るバイト先も珍しく、働く上ではいい経験になります。

そして、私のようなミニストップファンは、華麗な手つきでソフトクリームを作る
ミニストップのアルバイトの人を尊敬のまなざしで見つめています。

他のコンビニとは違った魅力のミニストップで、アルバイトをしてみてはいかがでしょうか?

チワワ

一件のビルに、一階ずつ違うコンビニが入っていればいいのにな、なんて妄想をすることがあります。