☆バイト☆StarLight☆

有名バイトからディープなバイトまで、様々なバイトを経験してきたライター達が送るバイトの裏事情

オシャカフェでバイトしたい人にオシャレな私がオシャレに公開したいと思う。

オシャんなカフェ比較を口コミをもとに解説

【2018年5月31日追記】新たに1件のバイトの口コミを追記しました。
【2018年7月2日追記】新たに「体験者が語るカフェできついこと・楽なことランキング3」を追記しました。
            実際の評判が知りたい方はお勧めです↑

f:id:educaredstarlight:20171116140446j:plain

チェーンカフェからオシャカフェまで、カフェでのアルバイトってなんかお洒落で格好良くて憧れますよね。(少し昔では「君の名は」カフェが話題になりましたね)
↓ここ、覚えてますか?

 

そんなカフェでのバイトですが

「カフェの違いがわからないから、どこで働くべきか分からない」

「そもそも自分には合ってるのか分からない」

そんな方も多いでしょう。

そこで今回は大学生から主婦までカフェでバイトしていた方の経験談から分かったカフェバイトの実態をお伝えします♩

 

▽この記事に書いてあること

カフェバイトにあっている人合わない人

ここでは実体験の口コミをもとに「俺カフェむいてるわー。」という方と、「カフェは向かん!」という方を紹介していきます。

こんな人にお勧め!

f:id:educaredstarlight:20171116141043j:plain

 

・接客が好きな人、作業が早い人、敬語などマナーを身につけたい人に向いています。(大学4年生)

 

暇な時間をゆったり楽しむことが、カフェで働くことの醍醐味の一つかなと思ったので、そのようなスタンスの人には向いていると思いました。 (大学3年生)

 

・ハキハキした明るい人に向いていると思います。忙しくなった時に機転のきく人も最高です。(30歳主婦)

  

・接客が好きな人、コーヒーが好きな人はいいと思います。カフェは基本的にホールもキッチンも任されることが多いので、オールマイティに何でもこなすことが出来る人がカフェに向いていると思います。(大学3年生)


つまり…

 接客好き・コーヒー好き・基本のんびりだけど忙しいときはテキパキ動ける人にはぴったり!

あとは笑顔がステキな人。

カフェに行くと皆さん笑顔ですよね。

怖い顔、つまらなそうな顔をしている人はなかなか見受けられません。

印象はすごく大事!

面接の際もニコニコして望みましょう♩


逆に、

こんな人はやめておきましょう!

・言われたことしかできない、応用が利かない人、笑顔ができない人には向いていないです。
また、
私のような忙しくせかせかした職場を好む人にはちょっと物足りないでしょう。(大学4年生)

 

・ファーストフード店やスーパー等で働いていたので、それに比べると暇な時間が多く、戸惑うことが多かったです。(大学3年生)

 

・人の目を見て話ができない人には向いていないと思います。それと覚えることも意外に多いので、覚えることが苦手な人にも向いていないと思います。(30歳主婦)

 

・お客さんが多い時間帯はてきぱきと動けない人には大変だと思います。(大学3年生)

 

暇な時間が多いという声が多数!

もちろん、カフェの忙しさは地域や店舗にもよりますね。

ですが都心でない限りは常に込んでいるお店はなかなか少ないでしょう。

特に平日は居酒屋などと比べて暇な日も多いはず。

暇が嫌い!という方には向いていないかも。

個人経営のカフェだったら暇な時間はおしゃべり♩なんて出来そうですがチェーン店などでは教育もガッチリしているので難しそうですね。

つまり、ランチの時間などの忙しい時間はパパっと動き、その後ののんびりタイムはゆったり過ごせるといったOnとOffが分けられる人はおすすめですね。
 

カフェバイトのメリットデメリット

f:id:educaredstarlight:20171116141115j:plain

カフェバイトのメリット

 

・大量の仕事をこなさなければならないので、物事を同時に進めるスキルや、タスクを整理して進めることが身につきました。(大学4年生)

 ・働いてみて良かった点は、まず当初の希望だったオシャレな雰囲気に浸れるということです。他には、夜番だと残ったデザートをもらうことができたことです。(大学3年生)

カフェは思っていたより色んな客層がいます。それに合った空間を用意することはとても大変かと思いますが、思い思いの時間を楽しんでいる様を見ると、こちらが嬉しくなりました。休憩中は美味しいコーヒーが飲めたりもします。(大学2年生)

従業員割引があって、安く食事ができたり、ケーキが買えたりしました。後、制服が可愛いのもよかったです。(30歳主婦)

・常連さんが多いので変なお客さんが少なかったこと。

・お店のメニューの料理をまかないで食べることが出来たこと。

・好きなコーヒーの香りの中で働けたこと。

・人間関係がある程度良好だったこと。(大学4年生)

 

スキルが身につくことはもちろん、お洒落な雰囲気に浸れる、制服が可愛いなどなど皆が思うメリットは様々。

コーヒーや紅茶が好きな方、普段からよくカフェに通う方にはメリットが多いでしょう^^


カフェバイトのデメリット

・学生が多いので出入りが激しい時にはシフトに入れるスタッフの数も足りず、一緒に入った子と泣きながら閉店作業をした思い出があります。(大学4年生)

多分、経験がない人からするとカッコいい、お洒落といったイメージしかないと思いますが、仕事自体は結構ハードです。体力は本当にいります。(大学2年生)

ランチタイム時や忙しくなっても、カフェなのでバタバタとした雰囲気はNGだし、可愛くデコるので、急いでいるお客様からのクレームがあります。また、ケーキ屋も兼ねているので、X‘masなどのイベントではケーキを売る目標ができます。(30歳主婦)

・休日はとにかく混むのに手書き伝票なのでミスしやすかった。(大学4年生)

 

カフェは暇が多い、という意見が多い一方でランチタイムや休日はやはり忙しいよう。

カフェ以外の飲食店、ファミレスなど飲食店はどこもそうでしょう。

普段はゆっくり、でもピーク時はテキパキ動けるスキルが求められると思いますよ!

周りを見る力がある人には向いているでしょう。
 

 

体験者が語るカフェできついこと・楽なことランキング3

さてここでは実際にカフェでバイトしていた方にバトンタッチしまして知られざる裏側の「きついこと」「楽なこと」Best3を見ていきましょう!

実際にバイトをしていてきつい!と思った瞬間 第3位

 第3位が「人間関係」です。このことについても一概には言えませんが、あまり自分と反りが合わない人がいるとかなり働きづらくなります。カフェの仕事はコミュニケーションを取りながら働くのが基本です。自分と気が合わない人がいたら仕事ははかどりませんし、そもそもそんな人と一緒にいても楽しくありません。よく多いのが、かなり厳しい先輩が職場にいるという例です。店長でさえ言わないような厳しい言葉をしょっちゅうかけてくる先輩は、たまに存在します。そういう人がいる職場では誰も働きたくないと思いますし、なるべく一緒に働くことを避けた方がいいでしょう。ちなみに「避けると言っても、バイトをやめるしかないのでは?」と思うかも知れませんが、嫌な人とシフトがカブらない方法は0ではありません。もしそのような人とシフトがかぶることが多い場合、自分のシフトの時間帯をその先輩とずらしてみましょう。周りの人間が変われば働きやすくなるはずです。


そして第2位

第2位は「手が汚れる仕事が多い」です。見華やかそうな仕事に見えるカフェのアルバイトですが、現実は違います。店内の清掃やゴミ捨て、食器洗いなどやるべき事は盛り沢山です。また店舗によってはトイレ清掃やダスター(ふきん)の漂白など、「こんなこともやるの?!」と思うような仕事もたくさん待っています。綺麗好きな人や掃除に慣れている人は大丈夫かも知れませんが、それ以外の方は向いていないかも知れません。とは言っても、カフェに寄って作業内容はかなり変わってきます。清掃作業をやらない店舗もあれば、そう出ない店舗もあります。あまり手を汚したくない人(そもそもそういう人はカフェに向いていないと思いますが)は、あまり清掃作業がない店舗を探してみると良いでしょう。

第1位は…!

仕事量が多い」!一位はこれにつきます!
普段カフェに行く人なら分かると思いますが、カフェは常にお客さんで賑わっていますよね。もちろん客足が落ち着く時間もありますが、基本的に忙しいと思います。特にチェーン店のカフェのピークは、見ているだけでも大変さが伝わってきます。中でも大変なのが、バイトリーダーです。バイトリーダーというのは言葉の通り、バイトを取りまとめるリーダー的立ち位置の人のことをいいます。店にもよりますが、このバイトリーダーの給料は他の人と対して変わりません。それにもかかわらず、店長がやるべき仕事を任せられたり、責任ある仕事を任せられたりします。バイトに情熱を捧げ過ぎると「割りに合わない仕事量」になるので、バイトもほどほどにするのが良いかも知れません。


さて、ここまではカフェでのアルバイトのキツイ面ばかり話してきました。しかしカフェでのアルバイトも悪いことばかりではありません。次に、バイトをしていて楽だと思う瞬間を、3つほどご紹介していきたいと思います。

逆にバイトをしていて楽だ!と思う瞬間 第3位

3位は「失敗しても許される」です。真面目な人ほど仕事のミスを気にしますが、所詮は「アルバイトのミス」です。責任は店長や先輩がとってくれますし、大きく考える必要はありません。(多少は反省しましょう笑)
私がカフェのバイト時代、仕事でミスをした時「こうやって店長が責任を取ってくれるし、バイトは気楽で良いな」と思ったのは良い思い出です。

そして第2位

2位は「マニュアルは覚えてしまえばこちらの物」ですね。飲食業のマニュアルは覚えることがたくさんあります。すぐにバイトを辞めてしまう人というのは、このマニュアルが覚えられず辞めていくというケースが多いです。しかし経験者としての意見を言わせていただくと、カフェのバイトは「マニュアルを覚えるまでが踏ん張りどき」です。
最初は大変かも知れませんが、それを乗り越えさせすれば気を抜いていても体がついていきます。ですから「マニュアルを覚えられるか不安」という理由で迷っている人は、まずやってみることが重要です。
 

そして第1位は…?

自由に働けることが多い」です!
まず、バイトをしていて楽だ!と思う瞬間の第1位が「仕事の自由さ」です。もしかすると先程までの話で、「厳しい先輩に囲まれて自由なんてないのだろう」と思ってしまうかも知れません。実際にそのようなことは良くあります。しかしそうならないためのコツをつかめば、そのような環境から抜け出すことはできます。一番おすすめなのが「シフトを夕方以降にする」ということです。朝や昼に比べて、夕方以降は客足がどんどん減っていきます。常にバタバタ動き回ったりする必要がないので、仕事も落ち着いて行えます。そして夕方行こうというのは店長や正社員がいなくなる可能性が多いです。ベテランのバイトリーダーが責任者になるということが良くあるので、バイト同士で和気あいあいと仕事ができるのも魅力の1つですね。

 自分に合ったカフェ探しの旅♩

f:id:educaredstarlight:20171116141149j:plain

じゃあ結局どこで働けばいいの?

チェーン店が良い?個人経営が良い?

あなたに合ったカフェを見つけてみましょう!

 

まずは皆がカフェバイトに応募したきっかけは何なのか、調査しました!

応募したきっかけは?

 

・生活費や友達と遊ぶお金が欲しかったので、応募しました。(大学4年生)

 

・「なんだかオシャレだから」という、ただそれだけのものです。私は同時、週2位で入っていたので、ちょっとしたお小遣い稼ぎ程度の収入でした。(大学2年生)

 

 ・大学の近くということでわたしもよく利用していたのですが、チェーン店の中でも好きな部類に入るお店でした。好きなお店で働けたらいいなという、割と軽い気持ちで応募しました。大学から近かったのも、便利でいいなと思っていたので自分には好条件でした。(大学3年生)

 

その頃、夜の仕事をしていて、昼間の空いた時間にバイトしようかな、と思い、飲食店のバイト先を探していました。(30歳主婦)

 

コーヒーが好きなのでカフェで働いて詳しくなりたいと思い、応募しました。(大学4年生)

 

しゃれでこじんまりした感じが気に入ったのと、もしかしたら料理を覚えられるのではないかと思ったので応募してみました。(大学3年生)

きっかけは様々。

何でも良いんです。

「なんとなく」でも「お洒落だから」でも何でも。

ただ、面接の際に「どうしてうちで働きたいと思っていますか?」っていう質問は必ずといって聞かれますので『面接用の答え』理由は用意しておきましょう。

なんとなく応募しました、よりかはそのカフェの魅力を語るほうが絶対印象も良いですからね。

 

ではではそんな皆はどうやって求人を探してきたのか気になるところ。

どうやって応募した?

 

・たまたま店頭で張り紙を見つけました。(大学4年生)

 

・求人サイトでたまたま募集していました。(30歳主婦)

 

・友達の知り合いでケーキ屋のコンサルティングをしている人がいて、その方から

の紹介でお店を知りました。(大学2年生)

 

・ちょうど店舗にバイト募集の貼り紙があったので、そこに記載された連絡先にコンタクトをとり、応募しました。(大学4年生)

 

・バイト探しは、求人サイトなどを見ていましたが、実際に受かって働いたカフェは、店舗のスタッフ募集のチラシを見て応募しました。(大学3年生)

 

こうして見てみると求人サイトを使って、というよりもお店の張り紙を見て、という方が多い!

普段行くカフェや気になっているカフェに直接出向いて応募しているかチェックしてみると良いかもしれません。

特に個人経営のカフェだとお店で張り紙がしてありますよ!

求人サイトに載せるのもお金かかりますからね。そこにお金をかけてはいられないお店も多いよう。

興味があるなら応募するチャンス!!

大量募集しているところはそうそうないので気になったらすぐチェックです!

 

ではでは続いて気になる時給について。

時給は?いくら稼いだ?

時給は800円で、アルバイトに入る時は4時間だったと思います。だから、一日3千円ちょっとでした。(東京・個人経営)

時給は820円で、月に5〜6万稼ぎました(個人経営)

・時給は、ファーストフード店等の方が高いと思いますが、そこまで低くもないかと思います、普通です。(地方・有名チェーン)

時給で800円くらいでした。(地方・個人経営)

時給は1000円でした。平日はだいたい5~6時間、休日はフルタイムでシフトに入り、週に3~4日程度、働いていました。(東京)

時給で21時までは780円、それ以降は950円でした。

そんなにたくさんシフトを入れていなかったので月5~6万円くらいでした。(地方)

 

時給に関してはどうしても地域によって異なりますが、だいたい最初は800円~1100円といったところでしょうか。

これは直接求人チラシなどを見るほうが良いですね。

普段の様子を見て、お店の忙しさと時給が割に合わない!とおもったところは最初から辞めておきましょう。

後になって時給が低いので辞めます、なんていわれたらお店側もたまったもんじゃないですからね。
 

さて、時給もわかったわけですが面接はどのように準備していけばいいのでしょうか?

1.面接のときの格好や気を付けることは?

基本的に男女ともに清潔感ある身だしなみが求められます。
男性の場合髪色は黒で、落ち着いた服装が無難でしょう。女性の場合は派手過ぎなければ染めていても問題ありませんが、ネイルはしない方がいいと思います。店舗によっても変わりますが、飲食業でネイルは基本的にNGだと思って良いでしょう。どうしても派手な格好をしたいと言う方は、採用されてからそこそこのポジションについてからにしてください。店長と良い仲を築くことができれば、「仕方ないな、特別だよ」と見逃される場合があるからです。

また面接のコツですが、とにかく明るく・ハキハキと話すことが大切です。よくある言葉で申し訳ないのですが、やはりそれが一番です。逆の立場になって考えて見たらわかると思いますが、暗くてボソボソ喋る人と明るくハキハキ喋る人だったらどちらを選ぶでしょうか?もちろんほとんどの人が後者を選ぶと思います。普段は暗いと言われる人も、面接の時だけは頑張って明るく接してみてください。

面接がどうしても不安だと言う人は、一度下見に行ってみるといいかもさ入れません。その店の雰囲気や店員さんの格好に注目してみると面接のヒントが分かるかも知れません。(私は面接の前に2回ほど下見に行きました笑)

 

2.    志願理由はどのように答えればいい?

それでは面接におけるポイントをご紹介していきたいと思います。まず実際に聞かれる質問としては
「シフトにどれくらい入れるか」
「不足しているところに入ってくれるか」
「サークルをやっていたかや趣味は何か」といったところです。これは「どれくらいシフトに貢献できるか」が採用されるための一番の鍵になっていると思います。そもそもどうして店は人を雇うのか、それは「人手不足」だからです。
たくさんシフトに入れる人を雇いたいですよね。またサークルを盛んに行なっているような、明るく社交的な人が店には必要です。

このように「相手は何を望んでいるか」考えることができれば、面接にどう臨めばいいかが分かってくるはずです。店によって質問は異なりますが、きっと傾向は同じはずです。面接の前にこれらのことを考えて、シミュレーションしてみると気持ちも楽になりますよ。
 

ちなみに「志願理由」としてよくある答え方は「人と接するのが好きだから」「コミュケーション能力に自信がある」といことですが、実際これで問題ありません。
重要なのは話し方だと思います。というのも、コミュケーションが得意と話している人がしどろもどろになっていたり、目を見て話せなかったりしたら「この人は嘘をついているな」と思われてしまいます。たとえ嘘だとしても、その時だけは「デキる自分」を演出して見てください。(くれぐれも採用してから途端に態度を変えるようなことはやめてください笑)
 

3.高校生も働けるのか?

 結論から言うと、高校生でも働けるカフェというのはたくさんあります。実際に私が働いていたカフェでも「すでに大学が決まっている」と言う高3の人が何人か働いていました。店舗にもよると思いますが、高校生が働ける環境はたくさんあるみたいですよ。高校生は若いので先輩からも可愛がられていいですね!業務のことで心配するようなこともないので、ぜひ気軽に応募して見てはいかがでしょうか?

 

ちなみにこんなエピソードも

f:id:educaredstarlight:20171117114259j:plain

 

ゆっくりした時間では、お客さんとコミュニケーションをよくとっていました。仲良くなって連絡先を交換したり(女同士です)、一緒に食事に行ったりして、バイト先の仲間以外にも友達が増えました。

 

毎年3月頃は学生の卒業と入学で、スタッフの歓送迎会を近所の同じピザ屋さんでやっていました。みんなで色紙を描いたり、お店のマグをプレゼントしたり、恒例行事でしたがいざ自分の立場となると泣いてしまって、とてもいいスタッフに恵まれたことを実感できていい思い出でした。同期のスタッフとは今でも遊んだりしています。

 

お客さんと仲よくなって一緒に食事にいったりなど、カフェアルバイトだからこそ経験できることもあるそうですね!
 

カフェバイト経験者は語る、バイトを楽しむにはこれしかない!

f:id:educaredstarlight:20171117115425j:plain

経験者から学ぶカフェで働いたら実践しておいたほうが良い事

 

・もっとたくさんのスタッフやお客さんと仲良くなっておけばよかったと思います。社会人になってもバイト仲間で会ったりいい友達なので、たくさん声をかけて増やしておけば良かったと思います。(大学4年生)

 

 ・私はあまりシフトを入れていなかったのでほとんどホールのみで、コーヒーを淹れるところまで教えてもらえなかったのが心残りです。

もっと積極的にキッチンの人にコーヒーのことを質問出来たらよかったなと思います。

 

実際にカフェでバイトした方が語っているので間違いないでしょう。

そんな職場でもそうですが積極的に自分からコミュニケーションをとりに行く事が大事なようです!

普段自分から話すのが苦手、という方もこれをきっかけに自分を変えてみませんか?

そこで働いている方は皆の事を知らない人がほとんどです。

殻を破る良いチャンスですよ!

モリバコーヒーでバイトしていた方の口コミ

 

【2018年5月31日追記】

Q1:お店名は何ですか?
A1:モリバコーヒー

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:

1年間です

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:

900円でした

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:

つけやすかったです。人数が多いこと、大学生が多かったことから、シフト決定後に予定が入ってしまった時もバイトの仲間内で代わりを見つけることもできましたし、バイトの人数と仕事量が見合っていないということもなかったので希望通りシフトに入れることが多かったです。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:

サンド系の調理補助、フードの下ごしらえや準備、既製品の陳列、ドリンクの作成や接客全般、清掃などすべての業務をこなしていました。私の働いていた店舗では、レジ締めも学生バイトがやっていたりして仕事内容は濃かったとおもいます。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:

土日の昼、平日の朝の時間帯は混みました。慣れていない中で行列ができるとテンパってしまうことやミスがあった時はきつかったです。が、体力的にきついことを頼まれた事はなく、男性アルバイトに任せられるようにシフトも組んでもらえていたのでよかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:

人間関係はもちろん良く、モラルも守られていました。辞めてからも集まるメンバーも多く、働いている時も笑いが絶えない職場でした。仕事ができるメンバーも多く、人として学ぶことがある接客をしている人を見ると背筋が伸びるような、そんな職場でした。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:

今の仕事で笑顔は必要不可欠なので、そこは接客業ということでかなり鍛えられたと思います。丁寧な言葉遣いや人の立場に立った接客など、人としてのスキルアップは十分にできたと思います。掃除が苦手な私が掃除を進んでやるようになったりと、今の私に役に立つことが多かったです。

 
Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:

従業員割引で商品を購入できたことです。学生だった上に一人暮らしをしていた為、お給料日前になるとお財布がピンチだったりした時にはとても助かりました。新メニューの試食や試飲などはもちろん無料でしたし、そこは得だったと思います。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:

とても楽しかったです。基本的にポジションは決まっていなかったので幅広く仕事ができ、暇をすることなく色々な仕事ができ、良い仲間と先輩に恵まれて働けました。お客様にも恵まれて、常連さんも多く良い職場でした。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:

どれくらい働けるか、他のバイトと掛け持ちしているか、いつくらいから働けるかなど事務的な内容が多かったです。
志望動機としては、別にしていたアルバイトではお金が足りなかったことと、同年代の仲間とワイワイ働いてみたかったことを伝えました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:

髪の明るさの規定はもちろん、肩につく長さはゴムで縛る、シャツとエプロンは指定のものでパンツと靴は色のみの指定で自前でした。飲食店なので身なりについては厳しくチェックされましたが、違反する人は特にいなかったです。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:

休みはかなり取りやすかったです。学校行事やテストの関係で長期休みを希望しても問題なく、主婦のパートさんが補ってくださったりしたおかげで休みたいときは休めました。出勤の強制は一度もなかったので助かりました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:

同年代が多く、男女比も同じくらいだったので恋愛の機会には恵まれていたと思います。私自身恋愛の機会はありましたし、そちらの面でも楽しいバイトでした。お客様と接する職場でもありましたので、お客様からお声をかけていただく機会もありました。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:

暇な時間ももちろんありましたが、仕事がいつも楽でいつも暇ということは一切ありませんでした。手が空けばすぐ何か仕事を見つけて何かをやる、と教えられていたので、自分も他の人もそのようにしていました。なので、どちらかというとずっと仕事をしていました。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:

接客スキルが身についたことです。笑顔の大切さと、お客様の立場に立つことなど、人として成長できました。仕事を早く出来るように要領良く作業する方法を考えたり、先のことを頭で考える癖がついたので、そこがよかったと思います。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:

お客様にありがとうと言われることが嬉しかったことと、良かれと思った事を感謝されたこと、好きな人や好きな仲間がいて楽しかったから頑張って続けてこれました。辞めた理由は、就職活動や卒業論文で忙しくなる為でした。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:

勧めたいと思います。同世代が集まる場所であり、サークルのような感覚があるバイトでした。その為、今後楽しい思い出に変わることには間違いない職場だと感じます。学生の多さと仕事の正確さは関係なく、みんな正確に仕事もできるのでいい職場です。

 

まとめ

カフェでバイトしてみよっかなー♩という方、少しは参考になったでしょうか?

是非経験者の方の経験談を参考に自分に合ったカフェバイト探しをやってみてくださいね♩

 

筆者

f:id:educaredstarlight:20171114133720p:plain name:ちび

 

経験したバイトはアパレルのみ!

普段から週末に着る洋服の事ばかり考えています。

 

学生は学校の近くがオススメ!

f:id:educaredstarlight:20171117115624j:plain

今回体験談を聞いた方のほとんどが学生さんでしたが学校の近くで働いていた、という方がほとんど。

地元で働くより大学近くで働くとメリットも多いようですよ!

大学付近で働いて得した事

 

大学がすぐ側だったので休憩時間に大学の図書館で本を借りたりと、工夫をしたりもしていました。バイト先が大学の近くにあるというのは、学生にとっては大きなメリットだと思います。他にも同じ大学の人が良く来店するので、友達が出来たりと大学内での人脈作りには大いに役立ちました。夜遅くになると教授もたまに来店してたので、そこで色んなお話を聞けたりと、普通に大学内で話すだけでは聞けないような話は沢山聞けました。

 

・同じ学校の先輩や後輩、都内の学校の人など、同じ学生が多くて友達になれたので、大変でしたがとても満足しています。

 

大学と家が離れている場合、学校終わりに勉強してそのまま出勤、ということが出来ないので大学付近、もしくは大学の最寄り駅で働くと自分の働きたいように働けそうでよさそうですよ♩

 

カフェカフェっていうけど、どんなカフェがあるの?

確かに「オシャカフェ」「チェーンカフェ」と言っておきながら、ちゃんと紹介していませんでしたね。
ではここらで紹介していきましょう。

1.カフェ・ベローチェ、サンマルクカフェ、ドトールコーヒーショップ、スターバックスコーヒー、タリーズ


一つ一つ紹介していこうと思ったのですが、私の言いたいことをすべて言ってくれている記事がありましたので、こちらをご覧ください。(決して楽をしているわけではありませんよ?)


2.星野珈琲店、プロント、カフェ・ド・クリエ、ルノアール…

こちららもコーヒー店の紹介をしているサイトがありましたので、紹介させていただきます。(楽をしているわけではありませんよ。大切なことなので二回言いました。


では雰囲気もわかったし働きたいと思ったらどうしましょう??

それならお任せください。こちらに用意しましたよ笑

ぜひ時間の流れが両極端な世界をお楽しみください。←オシャレですね。

バイトで電話対応する人必見!電話で気を付けるべきことまとめ

電話応対は得意ですか?

今はみんな携帯電話を持っているので、自分宛の電話をとることがほとんどですよね。

しかも、携帯の画面は相手の名前が出るから、名乗らずに出ようと問題なし。

「昨日の話しさぁ~」

なんて話の途中からいきなり話し始めても問題ありませんよね。

 

ではバイト先の電話応対はどうでしょうか?

ナンバーディスプレイで運よく相手の番号が出る機種もありますが、それはほんの一部。

バイト先の電話のほとんどが、誰からの電話か取ってみないとわからない。

そのせいか、電話応対が苦手な人が多いようです。

 

筆者は様々なバイトを経験してきました。

バイト先で数々の電話応対もしてきました。

日々、電話応対をしているうちに、こうしたら相手に好印象を持ってもらえる!

という手ごたえを感じてくるようになったのです。

今回はそんな筆者が独自に編み出した、感じのいい電話応対術をご紹介したいと思います。


顔が見えないから気を付けたい事

電話は相手の顔も自分の顔も見えません。

だからこそ、顔の表情や身振り手振りでごまかすと言うことが出来ないのです。

あるのは人の声だけ。

声と話し方でいかに印象良く思われるかが大事です。

自分の声に自信がない。

そんな人でも大丈夫。

元々の声質のあるけれど、ちょっと気を付けるだけで格段に印象が変わる!

そんな注意点をまとめてみました。


①話しているときは下を向かない

これ、基本です。

手元のメモなんかを見ながら電話をしたい時でも、下を向いてはいけません。

下を向くと喉が開かず、声がよく通らないからです。

喉が狭められると、声も低くなり、話し方がこもりがちになるので、暗い印象を与えてしまいます。


②いつもよりちょっとだけ高めの声で話す

電話の声って実際の声より低く聞こえませんか?

試しに自分の電話の留守番電話にメッセージを入れて聞いてみてください。

「これが自分の声?」ってびっくりしちゃいます。

そのくらい、低くて暗く感じますから。

だから実際に話すにはちょっとテンション高め、このくらいがちょうどいい。

ちょっと高すぎ位を意識すると、相手には明るくハキハキトした印象を持たれます。


③ごまかさない

相手の名前が聞き取れないからと言って

「〇×さんですよね・・・」

とその場をごまかさない。

こんな時は、あとで誰かで聞けばいいや、なんて思ってませんか?

電話で聞き取れないときははっきりと

「失礼ですが、もう一度お名前をお願いします!」と聞いた方が絶対にいいです。

相手も名前を聞きなおされても、間違えられるよりはいいはず。

その場でごまかさず、しっかりその場で確認していきましょう!

 

この3つを守るだけで、かなり印象は変わります。

 

バイトを始めたばかりは電話を取ることに抵抗がありますよね。

名前だって聞いたことない名前ばかりでなかなか聞き取れない。

話しだってよくわからない。

 

でもいいんです。

最初が肝心。

「新人なんで申し訳ありません」って開き直って堂々と何度も聞きましょう!

最初に開き直って聞くことで、仕事に慣れるまでの時間が格段に短くなります。


顔が見えないからいいこと

顔が見えない電話だから気を付けることをお話ししましたが、反対に顔が見えないからいいことってないのでしょうか?

ありますよ。

 

例えば、筆者が経験したアルバイトの中だと・・・


【コールセンターのバイト】

コールセンターってどんなイメージがありますか?

CMなんかで出てくるコールセンターの人は制服をきて、身だしなみもきちんとしていますよね。

ガラス張りの部屋なんかに沢山のデスクが並んでいる様子が映し出されたりして。

 

でも実際にコールセンターのすべてがこんな風かと言うとそうではありません。

お客様対応でも、実際に会うことはないので、服装はかなりラフなことも多いのです。

筆者がバイトをしたコールセンターのバイトは、服装の規定は全くありませんでした。

場所もビルの中の窓もない会議室のような場所。

お客様どころか、外部の人と会うこともほとんどありません。

だからスカートの人もいれば、ジーパンの人もいます。

電話応対さえきちんとできれば、服装は厳しい規定はありません。


【アンケート調査のバイト】

これも電話アンケートなので、お客様には実際に会うことはありません。

だからもちろん服装はなんでもOK。

 

電話でのアルバイトはお客様に会うことがなければ、服装に気を遣うことはありません。

なんて言ったって先方には見えませんからね。

ただし、相手に失礼のないように、電話をするときのマニュアルをしっかり覚える必要はあります。


電話応対でやってしまいがちな失敗

電話応対をしていると、失敗もありますよね。

筆者も数多くの失敗を経験してきました。


【言い間違い】

お客様に相槌を打ちながら電話応対をしているとき、

「はい、はい、へぇ~、はい」

今思うと「へぇ~」なんて相槌を打ってよかったのかと疑問に思いますが、「はい」ばかりだとつまらないと思って、筆者がよく使っていた相槌です。

長い話でずっと相槌を打っていた時に不意に返事を求められ、思わず出るのが

「へぇ、そうです。」

・・・本当は「はい、そうです。」と言いたかったんです。

それなのに、時代劇に出てくる町人みたいな変な返事がつい出てしまったことがあります。

こういう時、100%お客様はそれについて突っ込んできません。

気付いていないのか、それともまさか「へぇ」なんて返事するわけないとスルーしてくれるのか。

ありがたいことですが、言ってしまった自分はしばし赤面します。

 

「へぇ」に並んで筆者が良く言ってしまったのが、

「そうでございます」

と言いたい時に出る、

「そうでござる」

今度はまるで時代劇の忍者です。

別に時代劇が好きでよく観ていたわけではありません。

メモをとったり、他に何か考えながら電話対応していると、へんな時代劇言葉が出てしまうのです。


【聞き間違い】

この世に名前が無数にあるように、聞き間違いも同じ数存在します。

「中田(なかた)」さんを「永田(ながた)」さんと聞き間違えるなんて朝飯前です。

時には、「佐藤が来ない」と「砂糖が来ない」と聞き間違えるミラクルを起こし、

問題が迷宮入りになったこともあります。

これらの間違いを起こさないためにはどうしたらよいのでしょうか?


☆電話に集中する

忙しくても他に何かを考えていたり、手元で作業をしていると言い間違えが起きます。

筆者も言い間違える時には大抵電話を耳に当てたまま、手元では違う作業をしていました。

電話を取りながら郵便を作っていたり、
電話の話を聞きながら探し物をしていたり。

そんな時って頭は集中しているつもりでも、やっぱり自分の行動にも気を取られているんです。

へんな言い間違いをしたくないと思ったら、電話を取った時には電話の会話だけに集中しましょう!


☆都度確認する

電話の聞き間違い。

これはその場で確認しなかったから起こりがちな事です。

名前の聞き取りに自信がなかったら、

「念のためにもう一度確認してよろしいでしょうか?」

と聞けば失礼がありません。

「佐藤」と「砂糖」も、

「にんべんにひだりと書いた佐藤様ですか?」と聞けばその場で発覚します。

正確に伝えるためには正確に聞き取らなければならない。

そのためにはちょっとめんどうですが、その都度あやふやな所は確認しましょう!


コールは何回までOK?

電話を取る時、

「電話のコールは3回までに取ってください」

と教わります。

大抵の場合は3回以内に取ることがマニュアルのようです。

では本当にそれで良いのか?

ズバリ!

筆者の経験から言えることは

「電話を取るのは早ければ早いほどいい!」

用事があって電話をしてきているのだから、早く電話を取った方がお客様は嬉しいようです。

筆者は1回のコールで電話に出ますが、手が空いているときなどは電話がなる「プツッ」という電子音に反応して、コールなしで電話を取ることもあります。

何回もコールしてから出るより格段にお客さんの反応がいい!



保険会社で同じようにバイトしていた時、

「先方にも心の準備があるから、せめて1回はコールしてから電話を取ってください」と言われました。

つい癖でコールなしで電話を取ってしまうことがありましたが、

お客様に苦情を言われたことも、戸惑われたこともありません。



自分がお店や会社に電話したとき、すぐ電話に出てくれるとの、何回もコールしないと出ない場合はどちらがいいですか?

ね、コールは短い方が嬉しくありませんか?
 


まとめ

好印象を持ってもらえる電話応対について筆者なりの考えをご紹介してきました。

コールなしで電話をとる筆者でも、やっぱりバイト先での初めての電話応対はちょっとためらいます。

でも、取ってしまえば対応するしかない!

めんどうな用事もちょっと増えるけど、仕事を覚えるには電話を1つでも多くとることが近道ですよ!

筆者

専業主婦をしているチワワです。

興味があるものは何でも体験してみないと気が済まないため、高校生の頃より数多くのアルバイトを経験してきました。

人付き合いが大好きなので、短期のバイトでも同僚からかなりディープなバイト情報をゲットするのが特技です。

動物が大好きですが、家庭の事情で飼えないため、家の近所に住み着いた猫の親子を可愛がる毎日です。

 

本屋で働きたいなら知っておこう!本屋バイトの仕事まとめ

 

【2018年6月7日追記】新たに1件のバイトの口コミを追記しました。

あなたは本屋でバイトをしてみたいと思ったことはありますか?ありとあらゆるジャンルの書籍や雑誌が揃っていて、まるで世界の縮図です。

そんな世界中の知識や情報が詰まった本屋って、ちょっと働いてみたくなったりしますよね。最新の情報が集まってくるからトレンドにも敏感になれそうだし。

 

本屋と言えば、最近よく話題になるのが、「店員おすすめの~」といった書店員さん手書きのポップですよね。話題の新刊や売り上げを伸ばしたい本にスポットを当てて、本屋の店員が真剣に書き上げた渾身のポップがお店の売り上げを左右する部分もあるようです。

カリスマ的書店員がインタビューを受けたりしているのをテレビで観たことがあります。本当に上手なポップを作られていて、そのポップを読むとついつい買いたくなってしまう気持ちはわかる気がします。

 

もし、あなたが本屋でバイトをしたら、才能が開花し、有名な書店員になっちゃうかもしれませんね。

わたしの場合はしがないごく普通の書店員でしたけど。。。(/_;)

ただ、本が好きだったので働くのはとても楽しく、本屋でバイトして良かったと今でも思っていますし、とても良い思い出として印象に残っています。

 

え?本屋でバイトしてみたい?

 

そこまで言われては仕方がありませんね。(言われてない)

本屋でのバイトをお探しならこちら♪(お祝金5000円のチャンス)


いや、違うんですよ。今回は本屋でバイトをしてみたいあなたのために、本屋というものを大公開!しようと思ってたんですよ。
これを読めば明日からでも本屋でバイトができちゃう!かも知れませんよ。

 

本屋の仕事ってなにするの?

本屋でバイトしたいという気持ちが芽生えたあなた、とっても素敵だと思います。ですが、本屋でバイトをし始めたら、具体的にどんな仕事をするのか、頭の中はまだハテナマークでいっぱいですよね。

 

そこでまず、本屋バイトのおおまかな仕事内容を載せておきます。

  • レジで精算
  • お客様がお探しの本の在庫確認
  • お客様のお探しの本を見つけ出す
  • ブックカバーをつける
  • 図書カードの販売
  • 定期購読の受け付け
  • ラッピング
  • 棚の整理や掃除
  • 品出し

 

もっとも多い仕事は、ブックカバーをつけるところまでですね。どの本屋バイトも基本的にはレジでの仕事が多いのではないかと思います。

わたしが働いていた本屋は大きい本屋だったので、レジがとんでもなく忙しかったです。めまぐるしく入れ替わるお客さんたち、長蛇の列は当たり前でした。

 

うん、うん、わかります。そんなことを聞くとできるか不安ですよね。

大丈夫!

わたしにできたんですから(根拠なし)

まぁでも、忙しさはお店の規模にもよりますから。そんなに心配せずとも優しい先輩バイトがいろいろと教えてくれますよ~。

 

では、このあとでいよいよ本屋バイトの仕事について掘り下げていってみたいと思います。

レジ精算と同時にこなすブックカバー

わたしも本屋でバイトしてみて改めて気付いたことがありました。そういえば本屋で本を買うと、ものによってはブックカバーを付けることができますよね。

ブックカバーのサービスは本屋によってまちまちですが、わたしが働いてた本屋にはありました。

 

わたしの体感では、ブックカバーを付けて欲しいと伝えてくるお客さんは5~7割ほどだったと感じています。あくまでブックカバーを付ける対象の書籍やコミックが対象のお話ですが、その多さの驚いたのを覚えています。

わたしがお客さんの立場の時は、ブックカバーを付けることにそんなにこだわりはなかったので、その時の気分で決めていたくらいでしたが、こんなにも多くの人がブックカバーを付けたがることを知れたのはいい経験でした。

 

ブックカバーをつけるタイミングは?

そうですね、ブックカバーは基本的にレジでの精算時と同時にこなす作業になります。初めからブックカバーが付いていたら、本のタイトルすらわからないですから、レジでブックカバーを付けることになります。

ただ数の分、ブックカバーを渡すだけのお店もあれば、その場でブックカバーを付けるサービスをしているお店もあるようですね。わたしの場合は後者です。

 

話を戻しまして、ブックカバーはレジ精算と同時に行う作業になるので、初めは少しテンパってしまう人が正直多いです。

ただでさえレジでのお客さんとのやり取りだけでこんがらがってしまうのに、さらにブックカバーを素早く付けなければいけないとなると確かに大変そうですよね。

 

もちろん慣れてしまえばなんてことない作業ですが、初めは少し大変なのかな、くらいの心構えはしておくと、本番で焦ることなく対応できるのではないでしょうか。

 

これが本屋バイトの隠れ大仕事 ~書店員、本を探す~

本屋のバイトって、ただレジに立って本を売っているだけだと思っている人はいませんか?実際にその時間が多いのは確かです。ただ別でもうひとつ、大きな仕事があるんです。

 

それは………本を探すこと!! です。

 

実は本屋って扱っているアイテムの種類がものすごく多いんです。ジャンルで分ければだいぶ絞ることはできますが、ジャンルを探しにくるお客さんはいないので。

お客さんはピンポイントで目的の本を探しに来ます。ですが本屋はたくさん本が並んでいるので、在庫が1冊しかない本を探すのは本当に大変。

 

本屋で売り場を作るのは基本的に上の立場の人になります。社員がほとんどでしょうが、なかにはベテランバイトに売り場づくりを任せるケースもあります。

 

ですから基本的にバイトは本が置いてある場所をある程度しか把握できないんです。だって考えてみてください。レジに多くいるわけですから、日々変わる売り場の状況がわかるわけがないんです。

 

ですがお客さんからしたらそんな事情は関係ありません。バイトでも正社員でもスタッフはスタッフです。本の在庫があるのか、その本はどこにあるかを聞かれることは1日に何度もあると思っておいてください。

ではどうしたらいいか不安になっちゃいますよね。確かに初めはわけがわかりません。迷路の中にいるような感覚です笑。

ただ、多く問い合わせを受けるということは、それだけレジから売り場に出る機会に恵まれるということです。お問い合わせをたくさん受けることで、売り場の状況を知ることができ、次の問い合わせに活きてくるのです。

それに、書店員専用の検索機もあるお店だってありますから、戸惑うのは初めだけ。最初が戸惑うのはバイトの常ですから、どこのバイトにもある戸惑いの範囲だと思ってください。

本を探すことがそんなに多いとは驚きでしたか?本が見つかった時のお客さんの喜ぶ顔を見たら、きっと本屋バイトがもっと好きになると思いますよ。一緒に喜び合うこともよくありましたから。


POP作り

書店なんかにPOPが置いてあると「あ、おしゃれ!」「なんだこりゃ笑」なんてつい見ちゃうようなPOPありますよね。POP(Point of purchase advertising)はお客さんへの購買促進が目的で、「これ!!」って目立たせるためにあります。(しってるか笑)
でも、私のところはバイトはやらなかったですね。社員さんが考える時もあれば、そもそも出版社から本と一緒に送られてくるのをそのまま書店に並べるということもあります。漫画本や小説のところにおいてあるような小さなものから、今週のベストセラー!!TOP5!!のような大きなPOPを作る店もあります。(自分のところはなかったですが…)


 

図書カードの販売

予想外の仕事がもうひとつ、それが図書カードの販売です。確かに言われると本屋で売っているな、とはなるんですが。本屋でバイトをしようと考えるときには思いつかない人が多いと思います。

 

図書カードって入学祝いなどにも使われますし、意外に需要は多いんですよ?ですから図書カードの販売を求められることもあって、その対応も本屋バイトの仕事なんです。

 

本屋に限らず、イレギュラーな仕事ってあると思うんですよね。本屋の場合、そのひとつが図書カードの販売です。

図書カードと言えば、あなたはどんな絵柄を思い出しますか?ピーターラビットの絵柄の図書カードがやはりメジャーでしょうか。

 

子供の頃、本が好きだったわたしは、図書カードをもらうとすごく興奮したのを覚えています。

もしどなたかに商品券的なものをプレゼントするなら、図書券は意外とおすすめですよ。

 

あ、

本が好きと言ってもそんなに真面目な本を読んでいたわけではありませんよ。主に漫画を買っていました。ははは。

 

定期購読の受け付け

本屋のバイトってなんだか複雑そう、そう思っていませんか?いえいえ、そんなことはありません。仕事ですから多少覚えることはあります。

定期購読についても本屋バイトが対応することが多いのではないかと思います。

 

定期購読とはそもそもなんなのか、わからない人のためにも説明しておきます。定期購読は定期刊行されている一部の雑誌やムックなどで取り入れられているシステムです。ムックについてはのちほど説明します。

つまり廃刊やシリーズが終了するまでは、定期的に発売される本になるので、あらかじめ定期購読希望者の本を別途確保しておこうというシステムなわけです。

 

デアゴスティーニなどのシリーズが定期購読の代表例ですね。お客さんは本屋に定期購読の希望を出しておくだけで、お店が次号もその次の号も、きちんと確保しておいてくれるのです。

本屋バイトは、その定期購読の受け付けをしたり、定期購読分の本を購入しにきたお客さんの対応もします。

 

え?定期購読する人っているのか?

 

もちろんいます。自分で本を持ってくる手間がないだけでなく、売り切れの心配もありませんから、定期購読はおすすめですよ。

あなたが本屋バイトをすることがあれば、ぜひ定期購読をおすすめしてみてはいかがですか。

 

 

クリスマスが繁忙期

本屋とクリスマスってイメージが結びつきませんが、年間でもっとも忙しくなるのが12月と言っていいでしょう。

本屋には絵本があります。この絵本がお子さんやお孫さんへのクリスマスプレゼントとして大変人気なんです。

絵本は12月に爆発的に売れます。それに伴い、12月に入ると本屋はあわただしくなっていきます。クリスマス直前がピークになるので、お店によっては派遣バイトを雇うこともあるとか。

わたしもクリスマス前はひたすらラッピングしていましたね。

 

ラッピング………?

 

そうなんです。12月に絵本を買われるお客さんはたいていがプレゼント。当然、ラッピングが必要ですよね。このラッピングも実は本屋バイトに求められる仕事のひとつなんです。

ラッピングなんてしたことないよぉ

という人も多いはずです。普段からラッピングをします、なんて人そうそういませんから。

 

クリスマスに限らず、誕生日やその他のお祝いごとにも本をプレゼントする人はいますから、ラッピングは年間を通して行う仕事です。

ただ、12月は異常にラッピングします。ひたすらラッピングばかりしていた日もありましたね。そして途中からこだわりが生まれ、包み方にうるさくなったりもします。(*^_^*)

 

覚えておきたい業界用語

本屋では当たり前に使われる「ムック」という言葉、それから「ISBN」、知らない人はさっぱりですよね。まるで呪文です。

それからシュリンク、これも聞き慣れないですよね。

一体なんだと思いますか?

 

ムックというのは実は、「雑誌」や「書籍」と同じように本の種類のことなんですね。雑誌のようでもあり、書籍のようでもある、そんな両方の要素を持った本こそが「ムック」なのです。由来はMagazineの「M」とBOOKを合わせ、ムックとなったそうです。ムックという種類の本があることを知っておくことは有利だと思います。(最近では女性のファッション誌に多いみたいです。)詳しく知りたい方はこちらに載ってます。

 

次に「ISBN」です。ISBNとは世界共通のもので、書籍につけられたコードです。それぞれがオリジナルのコードになるので、書籍を特定することが可能です。

本屋で書籍の裏を見てみるとISBNと記されたナンバーとバーコードが必ずありますので、興味がある人は調べてみて下さい。さきほど述べた、本の検索に絶大な威力を発揮します。
(ちなみに雑誌にはISBNコードはついていません。)

 

続いては「シュリンク」ですね。あなたは漫画を本屋で買ったことがありますか?本屋で漫画を見るとビニールに包まれていますよね?

あのビニールがシュリンクです。

実はあれ、本屋さんがつけているんです。取次さんから届いたコミックを裏でせっせとビニールで覆っているんです。機械でやるので作業自体はとても簡単です。

 

これらの知識は本屋でバイトしたいのであれば、覚えておくといいでしょう。

 

 

蔦屋書店でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?
A1:蔦屋書店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2016年3月~2017年1月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:時給810円ですが、10時以降になると深夜手当てがついて1000円前後になりました。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:基本的にシフト希望は月に1度提出するのですが、希望の休みがあれば事前に通知しておくことで休みにしてくれました。但し、それは私が学生であったということを考慮してのことであり、基本的には学業優先でした。学生でなかった場合、休みの融通は利きにくい様子でした。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:レンタルコーナーのレジ打ちや品出し、会員情報の整理やお客様対応等のレンタルコーナー全般の仕事を担当しました。その他、流行りのレンタル商品は何なのかの把握、どこに置いてあるのかの把握といった直接業務に関係する勉強も、仕事内容といえるでしょう。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:常にお客様を優先しつつも数々の業務を担当しなければならなかったので、基本的には常に忙しかったです。特にお客様対応ではマニュアル通りに対応できる場合の方が少ないので、相手が何を求めているのかを意識し、最善のサービスを提供するため精神的にも厳しい面もありました。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係は良好でした。ベテランのスタッフが多く、自分がミスしてしまってもすぐにフォローしてくれます。また、一つ一つの業務を丁寧に繰り返し説明してくれるため、仕事面の不安は解消されました。スタッフの誰にでも、気軽に相談できる空気でした。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:サービス業ということでコミュニケーション能力の面は大きく成長することができました。人と話すときに緊張しがちだった私でも、人と話すことが得意になることができました。言葉遣いも指導してくれるため、正しい丁寧語を身につけることもできます。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:同じ店内で買い物するときに、スタッフだと少しだけお得に買い物することができました。時期毎に定期的に出展しているテナント様のお店での買い物にも適応されました。レンタル商品は新作であっても安くレンタルできました。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:ある程度の知識や働くための技能が身に付いてくると、接客にも余裕ができるため比較的楽しく働くことができました。特にお客様へのサービスが満足してもらえた時はやりがいを感じることができ、接客が楽しくなってきます。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接で聞かれたことは、志望動機と、週にどれくらいの日数働くことができるのかという簡単なことでした。また、雑談も多く基本的なコミュニケーション能力も見られていたと思います。志望動機に対しては、質の高いサービス精神を身に付けたいということと、日頃からこのお店を利用させてもらっており、このお店が好きであったということです。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:服装は支給された制服を着ます。髪の毛は黒か薄い茶色で、靴とベルトは黒。腕時計の色は黒や銀色といった目立たないカラーで指定され、業務中に使用するメモ帳やペンの見た目も黒等の色で指定され、店内のスタッフの格好が統一されるようになっていました。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:学生であったため学業上やむを得ない理由があった場合は基本的に希望通りの休みが取れました。しかし、そういった理由がない場合は、比較的忙しい職場ということもあって休みは取りにくい印象でした。特に大型連休は中々取りにくかったですが、大型連休の後に代わりとなる休みはもらえました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:ベテランスタッフも多かったのですが、学生等の近い年齢のスタッフも多かったため、無理をすれば出会いや恋愛の機会はあったと思います。しかし業務中は基本的に忙しく会話を交わす余裕もなく、休憩時間もバラバラになることが多いため、簡単に恋愛の機会を得ることは難しいです。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:暇である場合の方が稀で、基本的には常に何かしらの業務に追われているので忙しい仕事です。時間帯にも寄りますが、どの時間においてもやらなければならない仕事や、翌日の負担を軽減するためにやっておきたい仕事などが沸いてくるため、忙しいです。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:元々人と話すことが苦手であった私にとって、コミュニケーション能力が身に付いたこと、人と話すことが得意になったという点では働いて良かったと思います。また、映画や音楽についても詳しくなれるため、自分の趣味の範囲が広がった点でも良かったです。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:元々私の課題であったコミュニケーション能力を身に付けようという自分なりの目標があったため、働くモチベーションを保つことができました。また、辞めた理由としては、学業との両立が難しくなってきたということと、他にやってみたいことがあったということが挙げられます。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:がっつり働きたい、コミュニケーション能力を身に付けたい、といった人にはオススメできるバイト先です。忙しい職場なので数々の大変な業務はありますが、確実に将来のためになる能力・技能を身につけることができます。逆にまったりと働きたいという人にとってはオススメできないです。

 

まとめ

本屋のバイトってインテリな感じがして憧れませんか?わたしは憧れました。実際働いているバイトはスポーツ系というよりは文化系のタイプの人がほとんどでした。わたし自身も文化系なので、とても憧れはありましたね。

ここまで本屋バイトの「知られざる?真実」を伝えてきましたが、興味は持てましたか?わたしは本屋のバイトがすごく好きだったので興味を持ってくれたら嬉しいです。

本屋にはいろんなジャンルの本があるので、芸能好きな人には芸能雑誌やファッション誌、漫画好きな人にはコミックといったように、必ずテンションがあがってしまうコーナーはあるはずです。

ここまで読んでみて興味が少しでもおありなら、ぜひ、本屋バイトに応募してみて下さいね。

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。

 

【男女必見!】履歴書の次は面接。服装はこれで決まり

 

履歴書は漏れなく書いた。

受け答えもおそらくバッチリだろう。

さて。

 

服装どうすればいいんだろう...

 

ええ、自分もこんな経験がありました。

 

バイトとは言え、面接なので服装には気を使っておきたい。

ただ、就活ほど気をつけなくていい服装がわからない。

 

もちろんですが、着古したジャージなどの小汚い格好で行くのはあまり好ましくありません。

 

面接の時に印象が良くなる服装とはどういうものなのか。

 

自分の経験をもとに書いていきます。

<

面接当日…私服かスーツで悩む…どうしよう 

結論から言うと、基本的にはスーツで行く必要はありません。

ただ、塾講師のように常にスーツで働く職場の場合、もしかしたらスーツで面接を受けに来るように指示されるかもしれませんが、先方からの指示があるような場合を除くと基本的には私服で面接を受けにいってなんら問題ありません。むしろスーツで行けば目立つこと間違いなしだと思われますので、目立ちたがりやさんにはかなりおすすめです。私服と言っても、肌の露出しまくりや、全身ダメージ受けまくりな感じのど派手な服装はあまり好ましくないため、控えたほうが良いと思われます。

高校生の方の場合、面接に伺う際は制服で行けばまず間違いありません。平日であれば無理なく制服で行けると思いますが、土日などの学校がない日であれば無理して制服を着て面接に行かなくても大丈夫だと思われます。


さて、服装はどうしようか

面接を受けに行った店が飲食店であれば、清潔感がありさっぱりとした服装で、アパレルであれば派手すぎず小洒落た格好で、といった具合に受ける店の雰囲気に合わせて服装を選んでみると好印象を与えられるかもしれません。頭髪に関しては、長くてもまとめればいいところもあれば、場合によっては髪を切るといった対応をしなければならないこともあります。応募の際の電話、もしくは面接の際にしっかりと聞いておいた方が良いでしょう。自分の髪を見た際、山ごもりをしてきた帰りっぽくなく、しっかりと街で生活してきた風貌であれば特に問題ありません。


靴はどうすればいい?

スニーカーやブーツ等で大丈夫です。特に革靴を履いて張り切って臨む必要はありません。自分が普段履いていっている靴を履いて臨むと良いです。スーツの着用を求められた場合は、しっかりと革靴を磨いてから臨みましょう。スーツの着用が義務付けられる職場では意外なところが見られているかもしれません。


ピアスなどのアクセサリーはOK?

ピアスや指輪などのアクセサリーは不潔な印象をもたれることが多いため、基本的には業務の最中は外すことになると思いますので、面接の際は外していった方が無難です。店の雰囲気がラフな感じであれば、業務中も着用可能かと思われますが、飲食店や塾講師では基本的に就業中のアクセサリー着用はNGなのでご注意ください。


カバンはどうすればいい?

ビジネスバッグのようなしっかりとしたものを用意していく必要はなく、通学に使用しているリュックやトートバッグでも大丈夫です。いくつか書類を渡される可能性が非常に高いので、クリアファイルも忘れず持参してください。

ポーチやボディバッグといった小さめのバッグで面接に伺ってしまうと、渡された書類をいきなり折りたたまないといけなくなってしまい失礼に値するため、書類が入る程度の少し大きめのバッグを用意して臨むのが良いと思われます。

使用するバッグも、奇抜な色やド派手なドラ柄等の柄モノ、クロコダイル皮でびっしり覆われたものではなく、シンプルなものを持っていくことをおすすめします。
 


髪色はどうすればいい?

髪色に関しては特に黒に染めなくても大丈夫だと思われます。就業条件に黒髪や暗めの色といった条件がある場合、応募時の電話や面接時に説明があると思うので、とりあえず今の髪色で臨んでしまって問題ないと思われます。ただ、常識の範囲内で考えた時に、塾等のしっかりした職場に金髪等のド派手な髪色で面接を受けに行くといった行為はかなりチャレンジ精神あふれる行為だということは理解したうえで行動していただければ幸いです。

清潔感を出すにはどうすればいい?

男性であれば髭を剃り、髪はキレイに整え、上は白シャツ等の派手でないもの、下はチノパンといった落ち着いた色の服を選んで着ればまず普通の清潔感は出せると思われます。女性の場合は、化粧は薄めで、髪が長い方はは結える等をした方が良いかと思われます。服装に関しては、あまり露出が多くなければまず大丈夫です。

男女共通で気をつけておきたいこととして、爪はしっかり切っていくということと、香水は不要ということです。つけるにしても、普段よりもかなり控えめにつけていくと良いと思われます。


まとめ

自分が初めてバイトに行った時の服装は、グレーのパーカーに黒のマウンテンパーカーを羽織り、ジーパンにスニーカーで行きましたが普通に受かりました。店側はあまり服装は気にしていません。もし勇気のある方であれば、コスプレをして臨んでみるとおもしろいかもしれませんね(笑)

誰でも最初の面接は緊張するものです。がんばってください!